粒子の細かいフィルム Kodak Ektachrome E 100G 35mm

フィルムを使うと粒状感がどうしても出ます。でもE100Gは粒状感と日光のバランスのとれたスライドフィルムなので心配いりません。

つやのある光沢のでる E100G を使ってみて、とても気に入りました。光沢のある表面や、触りたくなるような織物、何を撮影するのであれ E100G を使うと、レンズ越しにみたままの写真を撮ることが出来ます。

E100Gは扱いが難しくコストがかかり環境的にも不十分な処理しかできないことが問題となっていたKodachromeの一時的な代用品として発売されたのだと思います。

E100Gはすごく自然な色をだします。 Fuji Velvia 50のように荒くもなく E100G のほうが人物を撮るには向いています。Velviaはポートレート向きではありません。ここでもう一度言っておきます。フィルムには粒状感がつきものです。日中の撮影には、細やかな粒状感を出すスライドフィルムE100G ならその心配もいりません。

E100Gを使って、お気に入りの写真を撮りましょう。

written by kuryzu on 2011-09-12 #gear #film #review #slide-film #iso100 #ektachrome #slides #lomography #kodak #e100g #crossprocess #user-review #requested
translated by keni

More Interesting Articles