町中にあふれているNYのイエローキャブ

ニューヨークのトランスポートのカモメが帰ってきた。

好きにしろ嫌いにしろ、いたるところにあるニューヨークの黄色のタクシーはマンハッタンの伝統的な街頭風景だ。13000以上ものタクシーがあり、5th Avenueではラッシュアワーになると道がイエローキャブで埋め尽くされる。大通りにたってタクシーをよんだ経験はニューヨークならではで、今でも思い出すと笑顔がでてくる。

タクシー産業は過去数年でとても進歩しているし、通勤者にとっては便利になっている。JFK空港への行き帰りの運賃は固定料金なので、渋滞に巻き込まれてもストレスをためることはない。すべてのタクシーでクレジットカードが使用でき、また煩わしいけれどもテレビも見ることができる。備え付けのテレビは現在位置を確認するのにきわめて役に立つ。絶滅危惧種のリストを印象づけるためにクラウンヴィクタクシーの伝統的な外観を想像している。
プリウスとエスケープをつかってエネルギー問題にも対処することで、タクシーはさらに人気になっていっている。

written by ajones77 on 2011-09-20 #places #location #manhattan #taxis #yellow-cabs #new-york-city #urban-adventures #select-type-of-location #nycg
translated by keni

More Interesting Articles