レビュー:LOMO LC-A+ KRAB underwater housing

LOMO LC-A+ KRAB underwater housing は、すごい商品。特に私のような小さな子供がいる人にとっては!このアクセサリーは、LC-A+を嵐や水しぶきが大好きな小さな子から守ってくれます。

ロモグラフィーのサイトをチェックしていて、 LOMO LC-A+ の水中ケースアクセサリー、 KRAB をオンラインショップで見つけたのは先週の金曜日のことでした。その日すぐにためらわず注文してしまいました。この商品は私の二つのパッションである写真と水遊びを組み合わせるのにパーフェクトな方法!

全体的に、私が写真に撮るのは2歳と3歳の私の子供です。2人はとってもかわいくて、2つの心配な理由で水の中や近くで写真を撮る時全く予想できません。1つはぬれた手でつかむことや、水に落としたり、水しぶきを浴びたりすることからカメラを守りたいということ。 もう1つの理由は、子供につかませてあげられるようにしたいこと。子供達は水中に持って行ってしまいます。だからKRABはパーフェクトな解決方法!

単なる LOMO LC-A+ をウォータープルーフにするということの他にも KRAB の利点があります。それはマイクロサイトにも公表されています:

全ての天気に最適、過激なアクションにも使って!
スキー旅行を計画中?ハリケーンの追跡?次の嵐の日に撮影する予定?KRAB はLC-Aを水から守るだけでなく、カメラにとって不利な様々な過激な自然の状況下でも使えます。

「カメラにとって不利な自然のシチュエーション」以外は子供です。 KRAB に入ったLOMO LC-A+なら、彼らに何の心配もなく手渡すことができます。プラス、子供達は私が「このカメラに向かって水をかけて!」と言うのが大好きです。

私は今 KRAB の性能を試している所です。子供と外でスプリンクラーで遊んでいる間。プールの中。ビーチ。長い間カメラを使っていてもっとも楽しかったです。 (そして、私達はほとんどいつもこのカメラで楽しんでいます!)ぜひあなたも私のKRABアルバムをチェックしてみて下さい。写真の中には、実際に水の中ではないLC-A写真があります。でも、そのためにぬれていない時にどのような効果があるのか分かります。

テクニック
フィルム: 期限切れ Fuji Provia 400F
クロスプロセス
テクニック: クロスプロセスをこのフィルムでしたいときは、LC-A+の感度設定を200にダウンすると、写真が明るくなります。

KRABのメジャーな弱点の1つ
KRAB はシャッターを押すことと、フィルムを巻き上げることだけができます。距離設定を変える方法はありません。だから、LC-Aを入れる時、あなたがKRABを開けて距離設定を変えることことができるまで、ずっと同じ設定で全ての写真を撮ることをゆだねなくてはなりません。これは世も末という訳ではありません。このメカニズムでウォータープルーフを利用可能にするのはとても難しいことだろうと思います。でもそれは確かに不便です。特に、よく動く小さな子を撮る時に!

KRAB と長く過ごすことについてずっと語ってきました。夏の間持ち歩ける日を楽しみにしています!

written by sonjabean on 2011-08-24 #gear #water #review #lomography #krab #lca #lomo-lc-a
translated by kyonn

More Interesting Articles