ユーザーレビュー: Lomography X-Pro Chrome 100

このフィルムを使うと、まるでさらなる彩度の高いレイヤーを重ね、Photoshopで最大に活発化させたかのような色になります。

Lomography X-Pro Chrome 100 は、ずっと試そうと迷っていたフィルムの1つ。迷っていた主な理由は、ロモフィルムの中で最も高いから。カメラの操作に慣れるまでは安いネガフィルムから使い始めました。そして今、その後にスライドフィルムでも何本か試し、ついにChromeを試してみようと決めました。

ウェブサイトには、このフィルムは、「激しいコントラストで、鮮やか、ビビッドな色になる」と書かれています。これは、SekinchanとKuala Selangorへの旅行にぴったりだと思いました。漁村や水田地域は、十分にカラフルな被写体があります。特に、巨大なコンテナ、スナック菓子のパッケージ、素朴な川沿いの家など。

このフィルムは全然私をがっかりさせませんでした!この明るくてビビッドに主張されて表れる色に、本当にハッピーな気持ちになりました。ある意味、良すぎるくらいです。 デジタルで撮っていた時のことを思い返すと、こんな感じに写真を加工しようとしていました。でも、どうしたってこのフィルムで撮ったように自然で力強い彩度には現れませんでした。

カメラのせいかフィルムのせいかわかりませんが、ベストな彩度に写った部分は、陰の場所でした。
直接の太陽光は色がちょっとだけオーバー露光になる傾向があります。多分、強い太陽光の時には、感度設定を200にした方がいいのだと思います。

とにかく、このフィルムを試してみようよ。楽しいよ!

Lomography X-Pro Chrome 100 35mm : 感度100、35mmカラースライドフィルム。クロスプロセス用に開発されたフィルムで、このフィルムで撮影しクロスプロセス現像で現像すると激しいコントラストと、鮮やかな色合いの写真になる。クロスプロセス現像についての詳細は こちら へ。

written by shuttersentinel17 on 2011-08-14 #gear #review #colours #slide-film #chrome #vivid #100 #lomo #lomography #x-pro # #user-review
translated by kyonn

More Interesting Articles