43°C: お酒、サングラス、そしてプラスチック・カメラ

本能に任せて次なるアナログカメラの世界へ!仲間とコンビを組んで、お酒を1・2杯(か3杯)飲んで好きなカメラを持ったら、とにかく撮る!パシャパシャ撮りまくりましょう!
想像してみてください。熱風を吹きつける4つの扇風機のある43℃の暑さを。この夏の気が狂うほどの、うだるような暑い日に、僕と親友のニックは気付いたらそんなところにいたのです ─ 後に最高のロモ・アドベンチャーの1つにガラッと変わったある日のことです。

安っぽいビールを飲んだあと、僕らは街のはずれにある湖へ頭から突っ込んで暑さに打ち勝ってやろうってことになりました。ちょっと威勢よくドライブウェイを歩いていくと僕ら2人は同じ衝動に駆られてカメラを持っていきました。
僕の武器: テープで半分ぐるぐる巻きの、信頼すべき Fisheye
ニックの武器: 携帯電話のカメラ

足にかかった冷たい水とこの蒸し暑さで僕らに大きなインスピレーションがわきました。何も考えずにとにかく写真を撮り始めたのです。僕ら2人ともLOMOの Golden Rule は知っていましたが、頭の中の論理的な部分はなかなか完全には消えないですし、自然とそうするのも難しいです。ほかのクリエイティブな考えと一緒にふわふわしてる、内側からこみ上げる感覚を様子見できるうちに、直感に任せる。自分のルールに従ってあらゆるクリエイティブなことに取りかかってるときは、これがそんな一つのヒントになります。

最後の最後にニックと一緒に、あの日僕らがレンズに捉えたものを並べているこの馬鹿げたビデオを編集しました。どうぞ気軽に見てみてください。それから、忘れないで下さい。次にみなさんと仲間が暑い夏の日に退屈しいていると気づいたら、好きなカメラを手に取ってパシャパシャ撮りまくるんですよ!

この記事にある写真も入っているビデオはこちら
Lakeview

Lakeview from Nick Benidt (VJ Bandit) on Vimeo.

written by brittany on 2011-06-26 #lifestyle #summer #drinking #drunk #cell-phone #fisheye #lomo-golden-rules
translated by reservoirpiggies

More Interesting Articles