Lubitel テクニック - フィルムの巻き戻し

もしあなたが多重露光がお好きなら、LOMO Lubitel 166+を間違いなく好きになるでしょう。このカメラは、あなたが望むままに中判フィルムでさえも巻き戻すことができます。

通常ならば、一方向に巻き上げることしかできない中判カメラ。しかし、 LOMO Lubitel 166+ には、巻き戻しレバーが搭載されている為、120フィルムを巻き戻すことができます。

この機能は、多重露光写真に全く新しい側面を加えます。すでに巻き上げてしまった後でも、過去のフレームに戻り多重露光を行うことができるのです。例えば、あなたが2コマ目のフレームにポートレート写真を撮り、それから4コマ普通に撮影を続けていたとしましょう。その後、ぴったりとその2コマ目のポートレート写真が重なりそうなポスター等、新しいモチーフを見つけて、2つが多重露光写真になったらパーフェクトに重なるだろうと覚えていたら、巻き戻してこのフレームに多重露光を行うことができるのです。

方法は簡単。シンプルに、2コマ目のフレームまで巻き戻して、その写真を撮り、それから7コマ目のフレームからまた撮り始めればいいのです。

他のカメラではできないフィルムスワップ(他の人と撮影後のフィルムを交換して重ねて遊ぶテクニック)だってできますよ。

LOMO Lubitel 166+を購入する

written by lucasjakobsson on 2011-06-08 #gear #tutorials #lubitel #tipster #doubles
translated by kyonn

More Interesting Articles