セルフポートレイト ワークショップ レビュー

1

5月28日に行われたセルフポートレイト ワークショップのレビューをご紹介します。LOMO LC-A+で、みなさん思い思いのセルフポートレイトに挑戦してみました!

あなたは、セルフポートレイトを撮ったことがありますか?自分を撮るなんて、なんだか恥ずかしい。そう思う方も多いでしょう。でもセルフポートレイトは、今まで知らなかった自分自身の姿を教えてくれる、とっても楽しい撮影テクニック。

この日のワークショップは、セルフポートレイトの魅力にとりつかれた(?)ショップスタッフが講師をつとめました。

あいにくの雨だったので、まずはLomography Gallery Store Tokyo店内でレクチャーが始まります。この日のみなさんの相棒は、ロモグラファーの定番カメラLOMO LC-A+. コンパクトなサイズ、0.8m の最短撮影距離、そして何より自分撮りに便利なケーブルレリーズを使用できるという点が、今回のテーマにぴったりです。

お店の2階には、大きな鏡が掛っています。今日のポイント1=「鏡に映った自分を撮影する」にチャレンジです。ロモグラフィーの写真集などでもよく見かけるテクニックですね。鏡の中の自分は左右が反対。本物の自分ではないけれど、しっかりと対峙して撮影できます。あなたは周りの人たちから、どんな風に見られているのでしょうか??

        

また、鏡に映った自分自身と一緒にツーショット、というテクニックもあります。まるで双子か分身のようですね。

さぁ、雨の中、元気良く外に飛び出しましょう!
Lomography Gallery Store Tokyoにほど近いキャットストリートに向かいます。
次のポイント2=「他者と写る」。なにも、自分ひとりが写っているのがセルフポートレイトと言うわけではありません。友達、家族、背景にいる通りがかりの人、モノ、街並み。他社とのかかわりを意識する中で、逆に自分自身の姿が浮き彫りになってくることもあります。
せっかくなので、参加者全員と一緒に写ってみましょう! 

雨など気にせず、みなさん自分の世界に没頭していきます・・・

お腹もすいたところで、みなさんでカフェに。楽しくご飯を食べながら次のレクチャーが始まります。セルフポートレイトで有名な写真家には、衣装やメイクで変装したり、有名人になりきる、という手法がよく見られます。ポイント3=「ちがう自分になる」の解説を、スタッフ原特製のテキストで勉強してみます。
自分自身を写すはずなのに、自分じゃない誰かが写っているという矛盾とおもしろさ。ぜひ、試してみてください!

「36枚も自分の写真を撮るなんて、ちょっと恥ずかしい・・。」最初はそんなことを言っていた参加者のみなさんですが、蓋を開けてみれば誰もが自分撮りも夢中。寝っ転がったり、下から撮ったり、変なポーズをしたりと、セルフポートレイトの楽しさを体感して頂けたようです。

雨の中参加頂いたみなさん、本当にありがとうございました!とっても楽しかったです!
スタッフ一同、またのご参加をお待ちしております!

先月の発売以来、大好評を頂いているLOMO LC-Wideもセルフポートレイトにもってこいのコンパクトカメラ。LOMO LC-A+同様、片手で持てるサイズ感に加え、ケーブルレリーズも使用可能です、しかし、最大のポイントは、最短撮影距離が40cmであること!!女性の方でも、手を伸ばした自分撮りでしっかりピントが合います。迫力あるワイド感で、背景もばっちり撮影できますよ。
Lomography Gallery Store Tokyoでは、カメラ実物はもちろん、たくさんのサンプル写真を展示しています。LC-Wideが気になっているという方、ぜひお待ちしております!ショップスタッフがLC-Wideの魅力を余すことなくご説明します!


直営店Lomography Gallery Store Tokyoの新着情報はこちら
Lomography Gallery Store Tokyo LomoHome
Lomography Gallery Store Tokyo Facebook

2011-06-07 #news #event #workshop #lomo-lc-a # # #lomography-gallery-store-tokyo # #portrait

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

One Comment

  1. nimi48
    nimi48 ·

    テキスト欲しいー!

More Interesting Articles