Lubitel テクニック : バルブシャッター

クレイジーで、カラフルな夜の光の線を写真に写しましょう!または、フラッシュを使わずに、室内のシーンを撮りたくありませんか?

このテクニックでは、通常に使用する、1/60、1/30のようにシャッターが押した後に設定した秒数が経過するとシャッター羽が閉じるシャッタースピードではなく、バルブ(B)モードという、シャッターを押している間中ずっと露光し続けるモードを使用します。

まず、あなたのLOMO Lubitel 166+を三脚に取り付けるか、またはテーブルのようなしっかりと平らな場所に置いて、
カメラのシャッタースピード設定をバルブ(B)モードにセットして下さい。

シャッターボタンを押して、光の流れが写真に写るように、数秒押し続けます。秒数はその場の光の量やあなたのお好みによって調整してください。
夜間のシャープな写真の為には、しっかりと固定し続けることが大切です。LOMO Lubitel 166+ならば、付属のケーブルレリーズを使えば、シャッターを放す時にもカメラが動かないようにすることができます。小さな揺れでもぼやけた写真になってしまうことがありますのでご注意ください。

露出を計算するヒント
Lubitel+で不思議なセルフ・ポートレイト!

LOMO Lubitel 166+を購入する
LOMO Lubitel 166+マイクロサイトへ

written by lucasjakobsson on 2011-06-03 #gear #tutorials #long-exposure #tip #lubitel #tipster
translated by kyonn

More Interesting Articles