ロモグラファーMaco、Fisheyeで撮る

1

日頃から、LOMO LC-A+Diana+Diana+ Instant BackSuper Samplerなど沢山のロモグラフィーのカメラを使ってくださっているハードコアユーザー、Macoさん。彼女はどのようにこの沢山の美しいお花の写真を撮影しているのでしょうか?彼女が Fisheyeで撮影した作品とMacoさんのインタビューをご覧下さい。

お名前: Maco
ロモホーム: maco
都市: 熊本
国: 日本

簡単な自己紹介をお願いします。

みなさまはじめまして。
Macoと申します。
花と空写真を主に撮っています。

いつ頃からロモグラフィーのカメラを使っていますか? また、Fisheyeはいつ頃、どんな出会いで使い始めましたか?

2007年1月にLomo LC-A+をプレゼントしていただいて使い始めたのが最初です。
憧れのカメラだったので舞い上がりました。
Fisheyeは2008年12月。Fisheyeの広角の世界の中に花を入れたいと思い手に入れました。

Fisheyeで撮影していて、印象的な出来事や、驚いてしまった思い出があればお聞かせください。

空を背景にして撮影することが多いのですが、写真の中のFisheyeの丸の世界がひとつの星みたいに見えることです。太陽の位置によってはダイヤモンドリングっぽいものも出来るんです!

Fisheyeを一言で表すと?

楽。

MacoさんはLOMO LC-A+や Diana+、Diana+ Instant Back、Super Sampler など沢山のロモグラフィーのカメラを使ってくださっていますが、どのようにカメラを使い分けているのでしょうか?

同じロモグラフィーのカメラでもそれぞれに個性が全く違うので、お目当ての被写体を一番自分らしく表現してくれそうなものを選んでます。

お花や、特に植物の写真を沢山とられていますよね。被写体の植物から季節の移り変わりを感じます。どのようにして被写体を選んでいるのですか?撮影なさる際に、お気に入りのお花や植物などはありますか?

私が撮る写真は特別な場所にわざわざ行くのではなく、いつも自分の歩く道にあるものばかりです。
実は普段はカメラを持ち歩かないのですが、持ち歩かない時に自然とモデル探しをしてます。
コスモスが大好きで、咲かない季節は恋しくて恋しくてしょうがないです。

お花を撮影する際のポイント、何かコツなどはありますか?

花をいろいろな角度から眺めていると、花がキラキラする場所があります。
たくさん見つめてあげるときっと素敵な角度が見つかると思います。

フィルムでもデジタルでも撮影されていますがその中で感じるフィルムカメラの魅力とはなんですか?

綺麗に撮りたいならデジタルカメラですが、自分らしく撮りたいならフィルムカメラだと思ってます。
このカメラでこのフィルムだったらどんな色が出るだろうとか考えながら、フィルムをあれこれ選ぶのも楽しみです。

Macoさんの写真は見慣れた日本の自然風景が、時には外国のように、時には水彩画のように写ります。このように素敵な写真をどうして撮れるのかとても気になります。Macoさん自身に、そして写真に影響を与えていると思われるものは何ですか?音楽や映画、好きなアーティストなどを教えてください。

ありがとうございます。
もうこれしか思い当たらない・・・音楽です。
写真を撮る時ももちろんですが、普段外を歩く時も部屋にいる時もずーっと音楽を聴いてます。
どのアーティストというよりも楽曲で選ぶので、いろんな方の曲をランダムに流してたくさん聴きます。
中でもノルウェーのMagnetさんが大好きです。
まるで音の宝石箱みたい。

Macoさんは写真のソーシャルネットワークサイトなどで写真を通じて様々な人たちとの交流をなさっています。作品についてどのような反応が嬉しかったですか?

写真を撮ってなかったら絶対お知り合いになれないような方に声をかけていただいたりして、ありがたいことに写真を本に載せていただいたり、アルバムカバーで使っていただいたりしてます。
それは自分が気に入っているという以外にも、自分の撮った写真の存在する意味が出来たということで本当に嬉しいです。

もし、ここ(LomoAmigosインタビュー掲載ページ)に紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。

1 :Butterfly / Donavon Frankenreiter
2 : At My Most Beautiful / R.E.M.
3 : On Your Side / Magnet

国内でも海外でも、架空の場所でも好きなところへ行けるとしたら、どこにFisheyeを持って撮影に行きたいですか?イメージされている詳しいシチュエーションもあれば是非。

世界で一番高い所に咲く花を撮ってみたいです。
空に一番近い場所に咲く花。
どんな色のどんな花なんだろう。

生死を問わず、誰か一人撮影出来るとしたら、誰を撮ってみたいですか?

Daft Punk

もしおすすめやお気に入りのフィルムがあれば教えてください。

Lomography Redscale XR 50-200。
独特の色味ももちろんですが、感度の幅が広いので感度設定がないカメラでも光のことを気にせず使え、撮影に集中出来る心強いフィルムだと思います。

ロモグラフィーのカメラやフィルムで、これからチャレンジしてみたいものはありますか?また、これからFisheyeで写真を撮り始める人たちにアドバイスやおすすめのポイントがあれば教えてください!

最近とても素敵な木に出会って、それが樹齢800年の本当に大きな木なので普通のカメラだときっと思うように写せないと思います。
広角のFisheyeで木の大きさを感じながら、春、夏、秋、冬と一年間かけて撮りたいと思ってます。

普通のカメラの撮影最短距離は1m前後ですが、Fisheyeは10cmくらいまで近づいても綺麗に撮れます。
これは本当に心強いことで、撮影の幅がものすごく広がります。
きっとみなさまの味方になってくれるカメラだと思います。

written by tame on 2011-05-03 #people #lomo-amigo #flower #amigo #fisheye #lomoamigo #maco

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles