A Hint of Red

私がこのフィルムをカメラの中に入れた時から、こんな結果を待ち望んでいました。現像された写真が到着した時、私は写真がどんな風に現れたかを見て少年のように喜びました!

私は、このフィルムを明確な理由で購入しました。なぜなら、私はどのようにこのフィルムのレッドスケール効果が作用するのか、知識を持っていたのです。短い時間の量だけ、フィルムを露光する時、写真は暗い赤になりやすくなります。感度400設定では、このフィルムはレッドスケールと本当に同じですが、感度50のフィルムとして使うと、赤の気配だけが残ったリアルな生活の色とほとんど同じになることをすでに知っていました。

このフィルムは、フィルムキャニスタ―によると、感度400フィルムです。
しかし、写りがとても特別なのは、あなたがフィルムに与える露光時間の量によって変わること。これが感度50~200と言っている理由です。
私の目的は、写真からヴィンテージのような雰囲気を得ること。だから、私が合わせるべき感度は、感度50でした。どういう意味かは、これらの写真自身を見て頂ければ分かると思います。

私は他の感度設定については話すことができません。私はこの感度50での結果にとても満足しているので、他の設定をまだ試したことがないのです。私がそれを試す時間的な余裕ができるまでには、長い時間がかかることはまず間違いないと思います。どちらにしても、このフィルムは、あなたがどんな種類のレッドスケールカラーを探していようと、とても多才なフィルムです!

[ Lomography XR Filmを購入する ]

written by reneg88 on 2011-05-06 #gear #film #35mm #review #redscale #minolta #lomo #50iso #reneg88 #user-review
translated by kyonn

More Interesting Articles