The Sprocket Rocket rocks!

私は昨年の11月にSprockt Rocketを購入して、それからすぐに使い始めました。その時に初めて撮った写真は今でも大好きです。LomoFamilyに入りたてのこのカメラは、一番のお気に入りです。そして私はこのカメラを、晴れの日に使うことをオススメします!

このカメラはLOMOのカメラの中で安い方ではありません。しかし、ずば抜けて高い!という程でもありません。もしこのカメラを試す機会があるならば、あなたは価格以上の魅力に気づくはずです。

基本的な機能は
・パノラマ写真が撮れる
・多重露光が可能
・長時間露光が可能
・晴れor曇り調節可能
・パーフォレーション(フィルムの送り穴)まで写します!

この中で特に注目してほしいのが最後の機能です!フィルムの送り穴は英語でSprocket Hole。そうです、これこそが「 Sprocket Rocket 」という名前の由来になっているのです。

Sprocket Rocket にはどんな写真をも魅力的にする力があります。まずはクリスマスにおばあちゃんに貰った靴下など、何でもいいので撮ってみましょう。そうすればこのカメラの長いフォーマットの素晴らしさに気付くでしょう。もちろんプリントしたときにフィルムの名前やISO感度の数字が写るところも魅力的ですよね!

LOMOの全てのカメラに言える事でもありますが、光の多い場所で撮るのがオススメです。その中でも Sprocket Rocket が最も晴れの日に適しているのではないかと思います。まず、プラスチックレンズが素晴らしく、使うフィルムに関わらず綺麗で活き活きとした色味になるのです。私はLOMO以外のフィルムや色々なISO感度のフィルムをテストしてみました。その結果、一番のオススメはLOMOのカラースライドX-PRO ISO200 のフィルムで、二番目がLOMOのカラーネガ ISO400 です。もちろん晴れの日でなくても ISO800 のフィルムやフラッシュを使えば素晴らしい結果を期待できます。ですが、やはり私は晴れの日に使うのが好きです!

あ、そうそう、1つ大事な情報を忘れていました!もしもパーフォレーションまで像を写したくない人がいたら、穴まで写さないための専用マスクがあるのでご安心を。最初、この情報はお伝えする必要は無いと思っていました。しかし、パーフォレーションは嫌だけどパノラマが好き、でもお金がないので Horizon が買えない!という人がいるのではないかと思ったのです。

もう1つ魅力的なところはフィルムを自由に巻き進めたり、巻き戻したりできるところです。いつでも、何度でも、どんな長さでも、フィルムの先へ進んだり、後ろへ戻ったりできるのです。そういうわけでこのカメラは「タイムトラベラー」と呼ばれています。例えば、あなたがフィルムを最後まで使ったとしても、多重露光がしたくなったらその場でフィルムの最初まで巻き戻すことができるのです!

Sprocket Rocket のパッケージは他のLOMO製品と同様に素晴らしいです。もちろんカメラ本体もレトロで素敵なルックスですよね。サイズは大きめですが、非常に軽くて(約230g)持ち運びやすいです。ただ、1つだけ残念なところがストラップを付けるリングについてです。これはカメラの底にある三脚用のねじ穴にはめるのですが、それによりカメラが立たなくなるのです。そしてそのリングがとても壊れやすいので(私のリングはすでに壊れてしまいました)、カメラを持ち運ぶ際には気を付けましょう。

このカメラにフラッシュは付属していません。しかしホットシューがついているのでほとんどのフラッシュを使うことができます。カラースプラッシュフラッシュや他のフラッシュも試してみましたがまったく問題ありませんでした。

最後にもう一度だけ!私はこのカメラを強くオススメします!他にも色々なカメラを使っていますが、 Sprocket Rocket は非常にお気に入りでこれからも長く仲良く付き合っていくと思います。この黒いロケットのように自由にタイムトラベルできるカメラは他にはありませんから。

written by rodrigoalmeida on 2011-04-21 #gear #review #camera #lomo #lomography #user-review #sprocket-rocket
translated by peach0303

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles