Lomography X-Pro 200 ユーザーレビュー

飽和した色、明るい黄色のトーン、すばらしいコントラスト。Lomography X-Pro 200 は、いつもの写真を、太陽の光や、あなたから飛びだすエネルギーを感じるイメージに変換してくれます!この記事は、Diana Miniで、 X-Pro 35mm ISO 200を使って撮影したレビューです。

もし、アナログのこだわりを全体的にインスピレーションさせるフィルムが可能ならば、そのフィルムは Lomography X-Pro 200 でしょう。
私は、 Diana Mini をきまぐれで購入しました。そして、このスライドフィルム、 Lomography X-Pro 200 は、私の新しい信頼できるカメラに先制した、初めてのフィルム。私は、晴れた午後に、コニーアイランドを Diana Mini とスライドフィルムを連れて歩きまわり、数時間の内に何とか全てのフィルムを撮り終えました。

私は現像されたフィルムについて実際に興奮した最後の時を思い出せない程、フィルムで撮った経験は昔です。でも結果が待ちきれませんでした。そして出来上がった写真は私をがっかりさせるものではありませんでした!色はとてもビビッドで、飽和していて、注目を引きつけます。何よりもそのフィルムは、完璧にコニ―アイランドの雰囲気をとらえていました。晴れた日の温かみ、そこで見つける全ての特徴の1つ1つ。その小さな1本のX-Pro 200フィルムは、私のアナログ写真への新しい情熱を固めてしまいました。

Lomography X-Pro 200 は、その柑橘系のようなトーンを実現する為に、クロスプロセス現像用に考えられたスライドフィルムです。(だから’x-pro’って名前なのです)
べストな結果は、明るく、晴れた日に撮影した時に得られることが分かりました。しかし、ちょっと曇で覆われた日でさえも素晴らしい写真を得ることができます。 ( 私のボーイフレンドが舌を突き出した写真は曇りの日です )
あなたのカメラの設定をそれに応じて変えることだけ覚えておいて下さい。あなたがいつ写真を撮っているかに関係なく、フィルムのテクスチャーは、わずかに粒子感を与えます。でも、写真のクオリティーは明快です。

私は違うフィルムでも撮っていますが、X-Pro 200の仕上がりは他のどんなフィルムよりいつも楽しみです。もしあなたが写真に本当にポップな写真が撮りたいなら、 Lomography X-Pro 200 で間違いありません!

written by chewy on 2011-04-11 #gear #review #user-review #film-review-lomo-x-pro-slide-200
translated by kyonn

More Interesting Articles