マニュアルで光漏れ効果

純粋な実験。これは失敗すればすべてを失うテクニックです。はじまりは小さなアクシデントでした…

皆さんの中の多くの方も、フィルムを巻き上げている時に、急にフィルムが固まってしまう経験をしたことがあったと思います。あなたはどうやってそれを解決しましたか?お決まりの方法は、写真用の交換バッグで裏蓋を開けてフィルムを取り出し、フィルムを離して、それからキャニスタ―に巻き戻すやり方です。

でも、それがもし日中の賑やかな道の真ん中で起こったらどうしますか?

ロモグラファーとして決してあきらめられません。しかしながら、私は交換バッグは持っていません。その為、私はその作業を青いトートバッグとスカーフを使って行いました。まず、私は LOMO LC-A+ をスカーフで包み、トートバッグに詰め込みました。次に、裏蓋を開け、キャニスタ―にフィルムを巻き戻しました。スカーフが交換バッグのように不透明ではないので、この作業中に、フィルムにある光漏れが起こりました。

現像の後、その効果は、驚くほどによいものでした。Kodak EB3を普通にクロスプロセスそたのとはちっとも違います。暖かみのある赤の光漏れ、暗さも一体となり、でも、いつもの緑色のトーンはなく、本当にユニーク!

今回は、幸運により、大当たりを引き起こしました。

トートバッグとスカーフの代わりに、あなたはリサイクルバッグでも、ジャケットでも、ブランケットでさえ使ってこのテクニックを行うことができます。自由にイマジネーションを膨らませよう!

方法:

1. 可能ならば、全部光漏れして何も写らなくなってしまうことを防止するために、暗い色で厚い素材のバッグを使って下さい。このテクニックは全てのアナログカメラで応用することができます。

2. このテクニックを「絶対に必要な写真」には使用しないで下さい。例えば、あなたと片思い中の人との写真等。これは失敗すればすべてを失うテクニックです。

*ロモグラフィーはこのテクニックによって全てのあなたの写真が感光して消えてしまったとしても、保証は致しかねます。必ず、個人の責任において実験を行って下さい。

written by gateau on 2011-04-03 #gear #tutorials #leak #blue #lc-a #color #contrast #hong-kong #light-leaks #tipster #asia #cross-processing #lomo-lc-a #hk # #reddish #etoc
translated by kyonn

More Interesting Articles