新生活を中判カメラのスターターキットと迎えよう!

生活が一新するこの季節、新鮮な気持ちで新しいカメラに出会ってみませんか?新しい経験をすれば、周りの世界はカーニバルのように愉快なことだらけに変わっていくでしょう!新生活応援キャンペーンとして、ロモグラフィーでは人気の中判カメラのスターターキットをつくりました。それは、Diana+、Holgaを初めて使ってみる時にぴったりのフィルム2本セットをそれぞれのカメラご購入時にご一緒にお届けするというもの!詳しくご覧ください。

Credits: missmarion

新生活を新しいカメラと一緒に!

まだまだ寒い日も続きますが、日差しの暖かさから春を間近に感じる最近。もうすぐ、今までと違う場所や環境を変えて、新年度のスタートを迎える方も多いはず。春の日差しが差し込んでくれば、衣替えをして、カラフルな服を身につけて、外に出かけたくなります。新しい経験をすれば、周りの世界はカーニバルのように愉快なことだらけに変わっていくでしょう!
生活が一新するこの季節、新鮮な気持ちで新しいカメラに出会ってみませんか?

スターターキットキャンペーン:120フィルム、感度400&感度800セット(計2本)プレゼント!

新生活応援キャンペーンとして、ロモグラフィーでは人気のカメラのスターターキットをつくりました。それは、Diana+、Holgaを初めて使ってみる時にぴったりのフィルム2本セットをそれぞれのカメラご購入時にご一緒にお届けするというもの。期間は、2011年3月18日(金)までです。どんなにカメラに慣れている方でも、すぐに新しいカメラと仲良くなるのは難しいかも?相性ぴったりのお伴を連れて、あなたの家までお届けします!

期間2011年3月18日(金)
対象: Diana+、DianaF+シリーズのいずれかの商品または、HolgaStarter Kit各色をご購入された方全員
プレゼント商品: Lomography Color negative 120 Film 400 フィルム1本、800 フィルム1本

*ご購入時カートには追加されないままお会計が終了します。期間内にご購入頂いた方に発送時にお付けしていますので、ご了承ください。
*プレゼントフィルムは通常3本入りロモグラフィーフィルムパッケージの中から各1本づつのみお送りいたします

Credits: orangebird

Diana+

60年代に生産されていたオリジナルDianaそのままにさらに機能を追加して誕生したプラスチック中判カメラ。カメラのレンズや設定は感度400のフィルムを基準に作られています。晴天の撮影では、感度400、曇りの屋外や日陰での撮影は、感度800のフィルムを使用するのがお勧めです。レンズが交換可能な為、色々な写りにチャレンジすることも可能!軽量で、首から下げるネックストラップが付属しているので、春のお出かけにも手軽に持っていけます。新しい目線で、今まで気づかなかった日常の小さな楽しみを写真におさめましょう!

Diana+
Diana+ EW
Diana F+
Diana F+ カラーバリエーション

Holga

長年多くのアナログファンに親しまれてきたプラスチック中判カメラ。パッケージには、黒地に赤のストライプが入ったストラップと、光漏れを防止できる遮光テープが付属しています。Diana+と同じく感度400が基準の設定でつくられているので、感度400以上のフィルムのご使用がお勧めです。内蔵しているフラッシュカラーは3色ですが、簡単に切り替えて色を選ぶことができます。以前から愛用しているという先輩と同じ趣味で急接近できちゃうかも?

Holga Starter Kit with ColorFlash
Holga Starter Kit with ColorFlash - Red
Holga Starter Kit with ColorFlash - MIX
Holga Starter Kit with ColorFlash - Green

Credits: bambuinka

DianaとHolgaの違いってどんなとこ?

120プラスチックカメラとは?

Diana+も、Holgaも共通して、120フォーマットのフィルムを使用します。
120フィルムは、スプールと呼ばれる軸に遮光紙を裏面に重ね合わせながらフィルムが巻きついています。
スプールに巻きついた状態で販売されている120フィルムを、カメラ内のフィルム巻きつけ軸となる、もう1つのスプールまで撮影しながら巻ききっていくという構造となっています。簡単に言えば、巻き戻しの作業は必要ないということです。

120フォーマットのカメラは、1コマごとで巻上げは止まりません。カメラの後ろ側にある赤い窓から今撮影しているコマ数を確認しながら巻いていきます。赤い窓に「1」が出たら、1枚目の写真を撮影、「2」が出たら、
2枚目の写真を撮影といった感じです。

プラスチックという名前からも分かる通り、軽量!そして、レンズもプラスチックな為、写りがやわらかです。時折生じる光漏れも人気です。

撮影してみよう!

実際に撮影する際は、カメラの機能からあなたが撮影したい状況によって下記3つを選びます。

  • 1:シャッタースピード
    カメラのシャッタースピードは、二種類から選ぶことができます。屋外やフラッシュ撮影に最適な「N(1/60秒)」と、夜間や長時間露光を行う時の「B(バルブ)」。「B」設定では、きちんと固定しないと手ぶれを起こしますので、初めは、外で「N」に設定して撮影しましょう。
  • 2:天気設定(絞り)
    レンズの下に、天気のマークがあります。この天気マークは、感度400フィルムを入れて撮影した時の最適な天気を表しています。これが今回感度400のフィルムをお届けする理由!感度800のフィルムを使った時は、この天気と同じか、それよりも一段階暗い天気に合わせて下さい。
  • 3:距離設定
    あなたの撮りたい被写体との距離をこの距離設定で、大体合わせて下さい。写真がぼやけていた!なんて経験がある方は、この距離設定を忘れてしまったか、1のシャッタースピードを「B」にしていた可能性があります。

応用編: Diana+のアクセサリーを全部使い尽くそう!
Diana デラックスマニアックスを読む

Credits: neonriot

written by kyonn on 2011-03-11 #news #120 #spring #holga #diana #diana # # #

More Interesting Articles