A True Tale of Lomographic Love

彼女はロモホームでgolfpunkgirlと知られているアナログ愛好家です。一方彼、benbenbenbenbenはデジタルカメラユーザーでした。彼はロンドンに、彼女はベルギーのブリュッセルにそれぞれ住んでいました。彼らのストーリーは彼女のFlickerに載せられたアナログ写真から始まります。

彼は彼女のユニークで素晴らしい写真を見て、LC-A+とはどんなものかと訪ねました。彼女がロモグラフィーのアナログ世界を彼に紹介したのです。それから彼らはメールやロモグラフィーのサイトなどで頻繁に交流し始めました。コミュニケーションを深めてゆくうちに2人には好きなバンドや撮影場所、写真について沢山の共通点があることが分かりました。

彼女は5月の10日、彼女はあるイベントに友達と一緒にいったとき気まぐれに彼に遊びにおいでよと伝えました。彼はすぐさま航空チケットをとり彼女に会いにきました。

43日後、彼は彼女にプロポーズしました。お気に入りのロモグラフィーのカメラを持って公園を歩いている時でした。ひな菊の花が沢山咲いていました。そこでひな菊でチェーンを作り指輪にして撮影しました。その後その写真を多重露光するとなんとそこにはひな菊の指輪がダイアモンドの指輪のように写っていました。きっとこれは運命だったのでしょう。

出会ってちょうど8ヶ月後、1月10日にフィリピンで結婚式を挙げました。友達と家族への招待状はお気に入りのロモグラフ。そして贈り物は彼らを結びつけたLomo LC-A+の木の置物でした。

LianaとBenは2周年をお祝いしたばかり。もし2人に会いたければロンドンのニューバーグにあるロモグラフィーギャラリーストアへいってみてください。そこでマネージャーとして働いているLianaに会えるはず!

written by tomas_bates on 2011-02-14 #lifestyle #lc-a #love #wedding #day #lomography #valentines
translated by tame

More Interesting Articles