LomoLabに郵送で出したい!

Lomographyのお届けする現像サービス「LomoLab」。
郵送での受付方法をご案内!

カメラを買って写真を撮ったは良いけど、どこに現像に出したら良いの?
とお悩みの方の為にスタートしたLomoLab(ロモラボ)サービス。

LomoLabへのお申し込みの方法は4つあります。

ロモグラフィーのオンラインショップからの申し込み
(パッケージで申し込めて、ピギーポイントが使える!)
渋谷にあるロモグラフィーギャラリーストアトーキョーへ直接持ち込む
(相談しながら決められる!)
ロモグラフィーのオフィスへ直接持ち込む
(ラボ担当に直接持ち込める!)
郵送で送る
(遠くにお住まいの方でもたくさんのメニューを選べる!)

今回は4つめの 郵送受付の方法 をご案内します。
こちらに申込フォームを用意していますので、プリントアウトしてお使いください。
プリントアウトできない方は、以下の項目の「 - 」のある部分をメモ書きして頂いても大丈夫です。
(記入漏れの無いようご注意ください。)

[ 申込フォームをプリントする ]

申し込み用紙にお客様の連絡先を記入してください。

- お名前
- ご住所
- お電話番号
- メールアドレス

こちらに頂いたご連絡先に返送致します。

次にオーダー内容を記入します。

1 希望するオーダー内容を選びます。

(料金表は最後に用意をしています。またはこちらから。)

  – Lomography Package 現像+プリント+CD-Rデータ
  – 現像+プリント
  – 現像+CD-Rデータ
  – 現像のみ

2 フィルムの種類(現像方法)を選びます。

  – カラーネガ(C-41)
  – クロスプロセス(C-41)
  – 白黒
  – 赤外白黒

3 プリントをご希望の方は、プリントサイズを選びます。

  サイズは全てcmです。

1: 35mmフィルムカメラ

 (LOMO LC-A+、Fisheye 等の通常フォーマットのカメラ)
  – 7×10
  – 9×13 (L版)
  – 10×15 (KG版)
  – 13x18 (2L版)

2: 120フィルムカメラ

 (Lubitel166+、DianaF+、HOLGA120等120中判フィルムを使うカメラ)
スクエア
  – 10×10
  – 13×13
645/67サイズ
  – 10×15
  – 13×18

3: Diana Mini

スクエア
  – 9×9
  – 10×10
  – 13×13
ハーフ
  – 9×13
  – 10×15
  – 13×18
 *ハーフサイズは2コマで1枚プリントです
 *スクエアとハーフが混ざっている場合はそれぞれサイズをお選びください。

4: Horizon

  – 9×21
  – 10×25

5: パーフォレーション有り

  – 9x**
  – 10x**
 *フォーマットによって横の長さが変わります。

6: Spinner360

  – 9×30
  – 10×38
 *1コマの長さによって上下または左右に余白がつきます

また、無料でプリントペーパーの種類と白フチを付けることができます。

ペーパー種類

  – 光沢紙
  – マット紙

白フチ

  – あり
  – なし

 *白枠有りの場合、データも白枠が付きます。
 *記入の無い場合は、「光沢紙 白フチなし」で対応します。




○フィルムと一緒にLomographyJapanまでお送り下さい。

送り方のフォーマットに指定はありません。
フィルムが破損しないように梱包し、封筒や箱に入れて下さい。
直営店まで直接お持ち込み頂いても構いません。
*追跡ができるご発送方法を推奨いたします。追跡ができない形態でお送り頂いて到着が確認できない場合の責任は負いかねます。





郵送受付住所
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂5丁目29-2
ロモグラフィージャパン

お持ち込み先
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6丁目23番6号
Lomography Gallery Store Tokyo

Lomographyパッケージのご注文はオンラインショップでもご注文頂けます。

ご不明な点はお気軽にlomolab@lomography.jpまで!

関連記事:
LomoLabの利用方法が知りたい!
オンラインショップで注文する

written by ihci-uy on 2011-02-10 #news # # # # #lomolab

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles