アメリカのカラー写真のパイオニア

“クラシック” な写真は、ほとんどいつも、白黒写真を連想させます。ある者は、ファインアート写真の分野は、モノクロ写真の範囲に留められるとさえ主張するでしょう。展示に関するアメリカのカラー写真のパイオニアは、この固定概念を取り除こうと試みました。

スティーブン・ショア, カリフォルニア州ヨセミテ国立公園マーセド川, 1979年8月13日, Courtesy Edwynn Houk ギャラリー, チューリッヒとニューヨーク

かつて議論が熟し、軽視されていたカラー写真は、現代的すぎるという不名誉から解放され、近年ようやくファインアートして考えられるようになりました。当時のカラー写真の分野は、素人のスナップショットの範囲内にとどめられており、ギャラリー内に展示される場所はありませんでした。これが他の者を含む、写真家スティーブン・ショアが単純に受け入れようとしなかった事実です。

アメリカのカラー写真の先駆的な存在は、前衛的なコレクションとアメリカでカラー写真の初期のマイスターとして広く認知されたスティーブン・ショア、ジェエル・マイヤーウィッツ、ウィリアム・エグルストンによるヴィンテージのプリントです。1970年代の彼らの先駆的な色の使い方は、長い名声が確立した白黒写真の伝統からの力強い門出でした。そしてそれは、その発端から中判に影響を及ぼし、今日のコンテンポラリー写真の基礎として横たわります。

スティーブン・ショア, ウエストヴァージニア・パーカーズバーグ ,1974年5月16日, Courtesy Edwynn Houk ギャラリー, チューリッヒとニューヨーク

ギャラリーの他の作品は、Edwynn Houk ギャラリーよりご覧いただけます

written by cruzron on 2011-02-04 #news #gallery #color #exhibition #news
translated by kyonn

More Interesting Articles