東京・下北沢駅: Away from the Frenzy

東京は、流行に敏感で、クールで、新世代のファッションと文化で有名です。でも、渋谷のちょっと西にある郊外へ、旅へでかけてみましょう。 狭く、曲がりくねった道からできている古さと新しさが出会うこの街を見る為に。通りには、レストラン、バー、ミュージシャンの卵がステージに立つクラブが並んでいます。ここ、下北沢では、ハードワークと耐久力で、ライフスタイルや建築物を見ることができるだけでなく、空気を感じることもできます。

あなたが駅から出た瞬間、どういうわけか東京の違う次元に移動してしまったと思います。人々が物質主義に順応しない、気ままで、自分のペースで生活する次元。私は年末にこの街を訪れたので、そこはいつもより静かでした。誰もいないバーや駅のプラットホームの撮影は、私のカメラに入れたフィルムの選択がうまくいき、街に異常な雰囲気を与えていました。

私は遠くには行かず、建物と見た目から、東京で最も古い駅であることを私に確信させるような駅の撮影に集中していました。でも、ちょっと調査した後、原宿駅が東京で本当に最も古い駅だと知りました。
2つの線がこの街には通っているため、1つのプラットホームからもう1つのプラットホームを撮ることができ、撮影に違う種類のシーンを捕えさせてくれる自由があります。
プラットホームから撮り終わった後は、思い切って外に出ましょう。
でも、私を信じて下さい。1時間や2時間プラットホームでただ過ごしただけで、次の目的地へ着く電車を待つ人々や、この素朴で家庭的な街に到着したばかりの人々のスナップ写真など、とても得るものがあります。

これはわたしの初めてのFujichrome Sensia III ISO 100フィルムの1本でした。私は低照度のライトの下で写真を撮った時にこのフィルムが与えてくれる深いトーンとコントラストが好きです。私のお気に入りの、デートの為のカラースライドフィルムの1つ!ちょっと高いけれど、あなたの被写体から人生のエッセンスを捕えたいと思っているのなら、これはまさにぴったりのフィルムです!

written by eleanorrigby236 on 2011-01-31 #places #tokyo #train-station #sensia #nikon #location #fuji #fujichrome #japan #color-slide #travel-destination #fg20
translated by kyonn

More Interesting Articles