Tipster of the Week: 露出を計算するのはホントに楽しい

1

これが、「サニー 16 ルール」と呼ばれている、f/16とフィルム感度から、数値をプラスマイナスして説明する適正露出を得るための基準です!

光度計がない時のための露出のキホン by herbert-4

露出を計算するのは簡単なのです。晴天での絞り値が f/16 の時シャッタースピードはフィルムの ISO と同じです。つまり絞り値 f/16 に対し ISO 100 = 1/100 となります。これが日中基本露出 (BDE)、または「サニー 16 ルール」と呼ばれているものです。

もう黄ばんでしまっているけれど、これが 40 年以上前に写真学校で配られたガリ版の推奨露出表です。露出は全て BDE からプラス、またはマイナスというように表記されています。もし持っているカメラの絞り値がここまで行かないようならばシャッタースピードを変更すれば大丈夫。
では、一覧を見てみますか。

  1. 晴天で太陽の下の通常の被写体 = BDE
  2. 晴天でドラマチック、またはシルエット効果。太陽に向かっての撮影 = BDE マイナス 絞り値 2
  3. 晴天で雪または白砂の上 = BDE マイナス絞り値 1
  4. 晴天で逆光の被写体、影を撮るための露出 = BDE プラス絞り値 2
  5. 曇天でぼんやりした光、柔らかな影 = BDE プラス絞り値 1
  6. 曇天で明るい光、影はなし = BDE プラス絞り値 2
  7. かなりの曇天、または日陰 = BDE プラス絞り値 3
  8. 月の撮影 = 満月は BDE、2/3 の月は BDE プラス絞り値 1/3、半月は BDE プラス絞り値 1/2、1/3 の月は BDE プラス絞り値 2/3、1/4 の月は BDE プラス絞り値 1
  9. 遠方からの夜景 (スカイライン) = BDE プラス絞り値 13
  10. 夜のネオン、または明かりのある看板 = BDE プラス絞り値 5
  11. 明るい光の下のステージショー = BDE プラス絞り値 5
  12. 通常の光の下のステージショー = BDE プラス絞り値 7
  13. 照明の下のアイスショー = BDE プラス絞り値 6
  14. 照明の下のサーカス = BDE プラス絞り値 7
  15. 明るい夜景 (例: ラスベガス) = BDE プラス絞り値 6
  16. 地面の上の花火 = BDE プラス絞り値 6
  17. 照明の下の建物、噴水、モニュメント = BDE プラス絞り値 11
  18. 夜のクリスマス照明 (屋内・屋外) = BDE プラス絞り値 11
  19. 白熱灯の下の教会 = BDE プラス絞り値 9
  20. 学校の講堂でのステージショー = BDE プラス絞り値 9
  21. 夜のショーウィンドー = BDE プラス絞り値 6
  22. ろうそくの明かりの下のポートレート、またはクロースアップ = BDE プラス絞り値 10 1/2
  23. 夜の明るく照らされた家のインテリア = BDE プラス絞り値 9 1/2
  24. 夜の普通に照らされた家のインテリア = BDE プラス絞り値 11
  25. 夜の白熱灯の下の屋内プール = BDE プラス絞り値 8
  26. 夜の明るい照明のフェアやアミューズメントパーク = BDE プラス絞り値 7
  27. 夜の明るい照明の屋内のスポーツイベントやコンサート = BDE プラス絞り値 7
  28. 夜の明るい照明の屋外のスポーツイベントやコンサート = BDE プラス絞り値 6

いつでもフィルムをたくさん持ち歩いて露出をプラスやマイナスに少しずつずらして撮りましょう。この表を明日のために覚えることです。後でクイズを出しますから :)

これは役に立ちますよ!

written by scapegoat on 2011-01-27 #gear #tutorials #tipster #tipster-of-the-week #basic-daylight-exposure #sunny-16-rule #bde #without-a-light-meter # #exposure-guide #
translated by pokoma

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

One Comment

  1. herbert-4
    herbert-4 ·

    Thank you, pokoma, for adding a potential 1,300,000,000 readers for my article!! Herb

More Interesting Articles