Ten Analogue Questions with Pamela Klaffke

Pamela Klaffke は、プロのライターであり、写真家。彼女の独特な写真は、傷んだフィルムや、期限切れのフィルムで撮影されています。あなたが知っている誰かみたい?そう、興味もったでしょ!彼女のギャラリーを見て、アナログライフスタイルの洞察力に満ちた言葉をお読みください。

Photo by Emma Klaffke

こんにちは、Pamela!あなたのことをちょっとだけ私たちに話してくれますか?
私はカナダに住む、ライターであり、写真家です。(そして、9歳の娘のママ)私はジャーナリストとして、約20年間働いていましたが、3年前に小説と写真に取り掛かるため、辞めました。

いつから写真を撮り始めましたか?
私はいつもスナップショットを撮っていました。 — 私が初めてのカメラを手にしたのは約7歳の時。Kodak instamatic というカメラです。— しかし、私は2007年の夏までは、真剣に写真を撮り始めてはいませんでした。

あなたの作品は子供のような雰囲気を連想させます。どんなところからインスピレーションを得ますか?
多くの要素が私の仕事の大半である私の娘から得ています。また、古い童話、ヴィンテージの雑誌、子供の本からも。しかし恐らく大半は、 被写体と洋服からでしょう。私は10代からヴィンテージの家庭用品、洋服、テキスタイルを集めています。そのため、よく特定の部分にこだわる自分がいて、それが最終的にインスピレーションとして役に立ちます。そして、それは新しい写真やシリーズの出発点となります。

“Rock” by Pamela Klaffke

あなたはまたプロのライターでもありますね。あなたの執筆のあなたの写真への影響はどうですか? ( 逆もまた同様に )
私は2つの本当に相補的な仕事を見つけました。私は非常に熱心に1つの分野で仕事して、燃え尽きてしまう傾向があります。そして、それからもう1つのことにスイッチします。しかし、そこにはいつも互いをつなぐ糸があります。
私はとても視覚的なライターです。私の作品は、基本的に私の頭の中に見えるものの描写です。私の写真でも、それぞれのシリーズでストーリーがあります。そしてまた、2つの要素を合わせたものにも手を出しています。 1つは、ショートストーリープロジェクト、Johnson Wilsonと、Broken Baby。そしてそれから、私のオンライン連載小説、Halfsquatch。赤ずきんの写真に翻案され、今年の夏より撮り始め、新しいシリーズとしてスタートする予定のこの種の仕事がより多くできることを願っています。そして来年、3年間断続的に取り組んでいるオリジナルの現代童話の仕事に伴いポートレートを撮り始める予定です。

もしあなたのギャラリーがサウンドトラックを持っているとしたら、どんな曲がプレイリストに含まれますか?
それは難しすぎます!私は音楽が好きで、仕事をしていないとき聴いていますが、実際企画中は全く再生しません。( 仕事中にも読みません ) 私はとても静かに、早く仕事するのが好きなので、音楽は、私にとって気が散るのです。でも、音楽について考えないといけないのならば、 私の写真に付随して起こるものかもしれないです。恐らく、シングルのリストではなくてアルバムの方がいいでしょう。劇場的で、同時に夢のようで、驚きがあるもの。— The Decemberists か Arcade Fire の何かが合うと思います。 ( 30そこらの決まり文句な立場を封印したとして!)

デジタルカメラを使って写真を撮ろうと考えたことはありますか?
多分NO。でも、決してとは言いません。私はコスチュームのスタイリングショットを撮る為に娘のデジタルカメラをたまに使います。私はシリーズで使用し、洋服の流れや小道具をそれぞれのショットからつかみます。何かの為にデジタルを使い本当に自分自身を見つめることはできませんが、このような実務で使用します。
私は仕事でデジタルを使おうとは思いません。私は何時間もフォトショップの為にコンピューターの前ですわっているより、ヴィンテージの物と遊んだり、建築物のセット、コスチューム集め、ショットの計画をして時間を過ごす方が好きです。しかしながら、ビデオのスクリーンショットからの静物画のアナログ撮影をする次回作にデジタルムービーを組み込む予定です。

by Pamela Klaffke

アナログ写真を試してみたいと思っている方に何かアドバイスはありますか?
怖気づくことはありません — カメラとフィルムを手にして、写真を撮りましょう。

ペースの速いデジタルの世界における、アナログの重要性についてどう思いますか?
私は、アナログで撮ることは、必ず一種の忍耐力と計画性を必要としていると思います。私たちのほとんどが、アナログのフレームをデジタルでできるように永遠に撮り続けるお金の余裕はありません。( 現像のコストだけでなく、私たちの使用する多くのフィルムは、永く入手できるものと限られた生産のものがあるからです。)アナログ写真は私たちの多くに何をどう撮るかよく考えさせると思います。
美学的思想のレベルでも、私はほとんどの部分でデジタルよりフィルムに温かみと深さを感じます。 それは輝く白い、過度の操作と極端なぼかしイメージの傾向がある現在のデジタルの形とのすてきなコントラストです。
私はすべて実験的なテクニックのためです。しかし、より興味深いと個人的に思うことは、カメラや他の過程でデジタルで行う時、あなたはアナログで得られるものと同じ「おどろき」をえることはできないことです。最終的なイメージはほとんどの場合それを映し出しています。

あなたの今のウィッシュリストの3つの商品の名前は?
私はたくさんのアクセサリーや道具を仕事で使いません。 ( 三脚さえ持っていません!) でも、bigcitylights.caのリングライトと遊んでみたいです。それからAgfa ASX-IIの120スライドフィルムの大きなボックス。あと約40個程しか冷蔵庫に残っていないからです。そして、最近のアメリカ人フォトグラファーRalph Eugene Meatyardの私が初めてのマスクシリーズを撮った後に見つけた作品のオリジナルプリントです。

by Pamela Klaffke

何かプロジェクト、展示、出版など、宣伝したいことはありますか?
そうですね… photo-wise。7月の終わりにmy bestia parvulus(動物の子供)の2度目の連載を終える予定です。そして、夏の終わりに出版されます。それから、8月と秋は赤ずきんのアダプテーション。The Private Lives of Public Creaturesと呼ばれる別のシリーズを撮りにヨーロッパに行く予定です。執筆の前に私の初の小説、Snappedが今年の初めに登場します。 ( これは流行に敏感な人としての彼女の仕事から逃れる老齢の都会のヒップスターについてのダークな皮肉の話です。 ) また、2011年の2月に出版される Every Little Thingという名前の他の小説もあります。そして、著作物を年代記として記録しています。 www.themodgirls.com では、 The Mod Girls という名の3部作の出版する過程です。最近私はひどく怠け者ですが、私のプロジェクト全てのアップデートは、多少のタイムリーな流行りと共に。私のウェブサイト www.pamelaklaffke.com でご覧いただけます。

written by shhquiet on 2011-01-25 #lifestyle #film #interview #analogue #expired-film #photographer #portraits #analogue-lifestyle #pamela-klaffke
translated by kyonn

Thanks, Danke, Gracias

Thanks

We couldn’t have done it without you — thanks to the 2000+ Kickstarter backers who helped support this analogue dream machine the Diana Instant Square is now a reality. Watch out world, this Mighty Memory Maker is coming your way! Did you miss out on the Kickstarter Campaign? Fear not, pre-sale is now on and we have a Diana Instant Square waiting just for you! Pre-order now to pick up your own delightful Diana Instant Square and free Light Painter just in time to snap away those Christmas Carols.

More Interesting Articles