Chapter 8: Radionov教授の偽りのない真実

Radionov教授は、ロモグラファーへの話の中で、彼がMinitar 1レンズを発明したと言いました。同時に、彼は彼のロシアの仲間を含め、彼がLomographyを発見し、Lomographyの練習の道具としてウィーン人にLOMO LC-Aを勧めたと、世界中に広げたのです。真実は広がり、ずるがしこい詐欺師Radionov は、ただ LOMO PLCで使用されているコンピューター、Minsk-32のプログラミングをしただけという事実が分かりました。

ロモグラファーによる、ロモグラファーの友人、Radionov教授のロモグラフ。彼のご冥福をお祈り致します。

Minitar 1レンズの生産や、考案において、実際は何もしていなかったLITMO学会のRadionov教授のお話に戻ります。しかしながら、多くの ( Lomographyのオフィシャルなものも含む) 出版物で、Radionov の名前は Minitar 1 に関連して頻繁に特集されています。どうしてこのような起こったのでしょうか?後程お話しする詳細のため、90年代初頭までさかのぼります。
初のロモグラファーが今はなきLOMO LC-Aの更なる生産を開始するためサンクトペテルブルグを訪れました。彼らは国連でオーストリア、ウィーンで当時働いていた彼らを知るロシアの外交官にコンタクトを取りました。彼には教授と呼ばれる友達がおり、彼にロモグラファーを紹介しました。

1980年代にレンズの測定に使用されていたコンピューターの一部

その教授Radionovは、ロモグラファーへの話の中で、彼がMinitar 1レンズを発明したと言いました。同時に、彼は彼のロシアの仲間を含め、彼がLomographyを発見し、Lomographyの練習の道具としてウィーン人にLOMO LC-Aを勧めたと、世界中に広げたのです。真実は広がり、ずるがしこい詐欺師Radionov は、ただ LOMO PLCで使用されているコンピューター、Minsk-32のプログラミングをしただけという事実が分かりました。このプログラムは、光学の測定の為のもので、Minitar 1の為にも使われていました。
それにも関わらず、この教授は、ロモグラファーのよい友達となり、彼らとサンクトペテルブルグの船上レストランMariaで多くの陽気な夜を過ごしました。

LOMO LC-Aの他の歴史を読む
全ての栄光は Lomo LC-A Big book でご覧頂けます。

written by fookshit on 2011-01-23 #history #lc-a #library #lomo-lc-a-big-book
translated by kyonn

More Interesting Articles