旅のお供にSprocket Rocket

新しいSprocket Rocketは、旅行の数日前に到着し、試すというにはちょっと遅すぎました。 私は、リスクを背負うことにしました…このカメラを一週間の台湾への旅行のメインカメラにすることに決めたのです。

私がいつも旅行ように使っているカメラ、 LOMO LC-A+ と比べると Sprocket Rocket は、少し大きすぎるように見えます。しかし、なんとか、私のカーゴパンツのポケットにおさめることができました。怠け者で忙しい私は、取扱説明書を飛ばして、カメラにフィルムを装填しました。フィルムのセットはあなたにもすぐに覚えられる程簡単です。カメラの上面に白の点が見えるまで、巻上げノブを回して下さい。

装填の後、裏蓋を取り付け、もう一度巻上げ白い点が見えるまで巻上げダイヤルを回します。これで、このロケットを発射させる準備が整いました!

感度400のフィルムを使うことが、楽しむための最も“安全な”方法です。ライティングが悪かったらどうしたらいいでしょう?…ただ多重露光で撮影するだけ。そうすれば、うまくいきます。 Sprocket Rocket では多重露光が簡単に行うことができます。次のフレームまで巻き上げる前に、ただ何度かシャッターを切るだけです。(次のコマに行くには、わかりやすい白の点を見ることができるまで巻上げノブを回します)もし、あなたがうっかり2度目の露光をする前にフレームを巻き上げてしまったら… ご心配はありません。巻き戻しノブを白の点が見えるまで回すことができます。これで、前のフレームにあなたを戻してくれるでしょう。簡単でしょ?

距離設定は、とても簡単で使用しやすいものです。あなたはレンズの前面のレバー(Dianaのような)を見る必要はありません。レンズの上に素早くチェックすることができる2つの距離設定を見つけることができます。 あなたの Sprocket Rocket と、被写体の間の距離によって、左か、右に回します。 (Rocket … subject (被写体)… 韻を踏んでますね!)

時には、 ColorSplash Flash でさらなる楽しみ(色もね!)を割り増すのもいいですね!

written by ndroo on 2010-12-30 #gear #travel #fun #review #taiwan #family #panoramic #sprockets #wide #rocket #provia #fujifilm #400x #user-review #sprocket-rocket
translated by kyonn

More Interesting Articles