A Whole New Era of Ghost

この第三の方法であなたの隣にキャスパーのような友達をクロスオーバーさせてみませんか?

みなさんが、あなた自身を2人写したり、”ゴースト”を写す方法をすでにご存知なことはしっています。ポピュラーな方法はB設定で、何回も発光できるフラッシュを持ちながら行う方法ですね。それからきっと、Splitzerを使ってスライスして、2回露光することであなたの複製のようなゴーストを作るバージョンも知っているでしょう。しかし私は、今回第三の方法を提案します。この方法は、懐中電灯と友達、そして、さらにカラーフィルターを必要とします。

その前に一言だけ。私は、カラーフィルターが大好きです。これは、私の最も気に入っているLOMOアクセサリーです。 私は、いつかLomographyがパッケージに入れてくれることを願っています。

さあ、テクニックに戻りましょう。あなたは平らな面にカメラをセットし、カメラをB設定にしたら、準備完了です。
このテクニックは、Holga 135、LC-A、Fisheye2など、B設定や長時間露光ができるカメラであればどれでも簡単に行うことができます。
準備ができたら、暗い部屋でシャッターを開きましょう。シャッターを開いたら、カラーフィルターを前に貼り付けた懐中電灯をアシスタントの友達に付けてもらい、あなたをその懐中電灯で照らし続けてもらいましょう。それから15秒程照らした後、カラーライトをOFFにして下さい。それから違うカラージェルに交換し、 あたらしいポジションへ移動し、また友達にライトを付けてもう一度あなたを照らしてもらいましょう。どれだけの数のゴーストを作りたいかによって、好きな回数これを繰り返します。もちろん、これが終わった後は、シャッターを閉じて巻上げをして下さい。

私はこのテクニックの効果が好きです。一種のメロウなゴーストのようで、マルチフラッシュを行った時のようにオーバー露光のようにはなりません。とにかく、このとっても簡単なテクニックを楽しんで下さい!

written by kylethefrench on 2010-10-30 #gear #tutorials #long-exposure #tipster #b-setting #colorsplash-gels #multipose #stationary-camera #led-lights
translated by kyonn

More Interesting Articles