XR Filmでクールカラーのレッドスケール写真を撮影する方法

2

XR Filmのサンプル写真で見た、あの青い色とセピアが混ざったレッドスケール写真を手に入れたい!と思って、使ってみた初めてのロールは、何枚かはちょっとその色が出たものの、トータルで考えると、オレンジ色のトーンで表現されたレッドスケール写真ばかりでした。

私が使っているカメラは、 LOMO LC-A+ 。だから、感度設定が25まであるLC-Aのように、低感度の設定ができません。設定できる限界は、快晴の日に、感度100というところまでです。カメラで設定できないなら、ここからは、裏技を使うしかありません。当然のごとく頭にぱっと浮かんだ方法は、長時間露光テクニックのように、露出計を何かで覆ってしまおう!ということでした。

長時間露光になりすぎて、露光しすぎてしまったり、ぶれてしまってもいやだなと思い、露出計をセロテープで覆ってみました。しかし、結果はいまいち。結局透過するものではあまり効果がないようです。下のサンプルは、曇りの日の3時ころに撮影しています。フィルムはもちろん Lomography Redscale XR 50-200 35mm Film 、設定は感度100に。暗い方のサンプルは、露出計にセロテープを貼ったもので、明るくセピアカラーになっているのは、指を使って覆ったものです。

感度100に設定し、露出計を指で覆って撮影
感度100に設定し、露出計をセロテープで覆って撮影

撮る時は、しっかりと指で露出計を押さえて、両手で持ち、脇をしっかり締めてカメラがぶれないようにすることをお勧めします。

この方法で撮影したほとんどが私の求めていた色に!時に失敗(?)というか、ちょっとオレンジ寄りになってしまうこともありましたが、それでもすてきなXR写真になりました。ぜひあなたも一度お試しください!

でも一応、このテクニックを使わずとも全部がオレンジ色でなく、白っぽくあかるい部分が出ている時は、 Redscale Film との違いが出ているってことでしょうね。このフィルムはやっぱり面白いです。

こんな感じで押さえるだけ!ちょっとくらい指の隙間から光が入ってしまっても大丈夫です。

Lomography Redscale XR 50-200 35mm を購入する

written by kyonn on 2010-10-27 #gear #tutorials #film #tipster #quickie-tipster # # #xr

2 Comments

  1. takezzo
    takezzo ·

    nice tip!!

  2. meimeiflower
    meimeiflower ·

    同じ方法を、木の真下から桜を撮る時の逆光防止に使ってました~!!
    次はレッドスケールで試してみます!!

More Interesting Articles