スペシャルワークショップ第2弾!! スケートボード撮影会ワークショップ開催!

講師を招いて開催するスペシャルワークショップ第2弾!!
「Sb skateboard journal」や「OLLIE」「SAMURAI」などのスケートボード誌で活躍中の井関信雄氏が、スケートボード写真を撮影するコツを教えます!このワークショップは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました!

スペシャルワークショップ第2弾のテーマは「スケートボード
かっこいいトリック(技のこと)が迫力満点で写し出された写真を、男の子ならずとも誰でも一度は見たことがあるのでは?

そんなスケートボード写真のフォトグラファーとして活躍中の井関信雄さんを講師にお招きし、スケボー写真に挑戦してみよう!というワークショップです。

スケボーなんてやったことない・・・
なんだかコワそう・・・

大丈夫です!自分がすべる必要はありませんよ。(もちろんスケートしてもOKです!)
今回は特別に被写体となって頂けるスケーターの方も参加くださいます。
都内のスケートパーク(スケートボードを安全に楽しめる公園)で、思う存分撮影会を楽しめます。
男の子も女の子も、スケートボードに触ったこともない方もプロスケーターも、どなたでもご参加頂けます!!
どうです?わくわくしませんか?!

今回使用するカメラはもちろんLOMO LC-A+。
きっとどんなシチュエーションでも活躍できるカメラとして実感頂けると思いますよ。

LOMO LC-A+

ワークショップ概要

開催日 10月2日(土) !
雨天の場合は撮影会は延期。ギャラリーストア店内にて井関氏を囲んでの座談会を行います。(雨天時は参加費無料)延期の場合は、参加者の方には前日までにご連絡いたします。
開催時間 12:00 – 17:00(予定)
集合場所 Lomography Galley Store Tokyo
募集人数 7名(先着順)
参加費  ¥2,000(税込) 
*カメラレンタル・フィルム・プリント・現像・CD書込代込み。
対象カメラ LOMO LC-A+

お申し込み方法
メールでのお申込になります。
参加ご希望の方は以下の内容をメール本文に記載の上、お申込をお願い致します。
メールタイトルに「スペシャル ワークショップ申込」とご記載ください。

メール本文必須事項
1.参加代表者氏名
2.参加者氏名(お2人以上ご参加の方のみご記入ください)
3.メールアドレス(パソコン用メールアドレスからの返信が受け取れるもの)
4.お電話番号(当日ご連絡がとれるもの)
5.レンタル希望の有無
6.ご希望のレンタルカメラと台数(おひとり1台ずつお選びください)

申込メールアドレス : info@lomography.jp
(クリックすると、お使いのメーラーが開きます)
上記リンクからうまく開けない方、WebMailをご利用の方はinfo@lomography.jpをコピーして、宛先に貼り付けてください。


井関信雄(いせき・のぶお)
1976年高知県出身。スケートボード歴22年。2000年多摩美術大学絵画学科卒業。
同年スケートボード専門誌「WHEEL」からフォトグラファーとしてキャリアをスタート。
2005年よりスタジオアール所属。
主に「Sb skateboard journal」「TRANSWORLD SKATEBOARDING JAPAN」「OLLIE」「SAMURAI」などで仕事中。


スタッフもものすごく楽しみにしているワークショップです!
こんな写真が撮れる機会はなかなかないですよ!
ぜひご参加ください!!!

Lomography Gallery Store Tokyoの情報はこちらから

written by kokorotaro on 2010-09-22 #news #event #skate #workshop #skateboard #sk8 #ollie # # # # #lomography-gallery-store-tokyo

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles