Lomo LC-A+ でバルブモード!!!

LC-A+でB設定(バルブ)をする方法を発見!(恐らく、LC-Aでも同じです)さあ、ライトペインティングをしましょう!以前はどうやって行うか知らなかったけど、今はこのテクニックを使えば簡単です。さあ、あなたも!

長い間、LOMO LC-A+でもB設定(バルブ)で撮影することができるに違いないと思っていました。なぜこう考えたかというと、偶然に少し露出計を指でおさえてしまった時、シャッターが通常よりも長い間開いていたからです。

家に戻り、詳しく解明しようと思いました。

すると、感度設定を最小にして、指で露出計を押さえると、感知部分を指で全て覆うことができ、シャッターを欲しい限りシャッターをオープンさせ続けることが分かりました。

でも、それだけでは私にとっては十分ではありませんでした。

今度は、感度設定を最大の設定にしました。つまり光がいつも入る小さなガラス部分の数値を1600の設定に変えたのです。これにより、露出計を全て覆い尽くしすぎてしまうことなく、適度に長くシャッターを開くことができるようになりました。

私はこのテクニックを使ってライトペインティングを楽しんでいます!

時間がなくて、現像はまだできていませんが、ぜひあなたも挑戦して、どんな写真が撮れるか見てみてください。

ロモグラフィーの可能性は無限大だ!

written by huge666 on 2010-09-10 #gear #tutorials #lc-a #tips #light-painting #tipster #b-setting #lc-a #quickie-tipster
translated by kyonn

More Interesting Articles