Tower of the Sun / 太陽の塔

太陽の塔は大阪・万博公園にあります。
万博公園は、1970年に開催された日本万博博覧会の跡地を公園にしたものです。広大な土地に沢山の施設があり、一日中楽しめる公園です。太陽の塔は日本万博博覧会の時に岡本太郎によって作られた芸術作品で、今も見ることができます。

写真や雑誌などで太陽の塔を見たことある人はとても多いと思いますが、
実際に見てみるととても大きな建造物であることがわかります。
万博公園に行く途中で、既に太陽の塔の姿を見ることができるくらい大きいのです。
万博公園に入るにはお金がかかりますので、ちょっとだけ見てみたいという方は近くに行くだけでもいいと思います。

正門から公園内に入ると、真正面に太陽の塔があります。
少し歩くと太陽の塔から10mくらいの近さまで近寄ることができますが
その大きさには圧倒されるでしょう。
LC-A+ワイドアングルレンズやFisheye、スピナーなどを使うと
近づいて全ての像をフィルムにおさめることができるかもしれません。
それ以外のカメラでも、色々な撮り方を挑戦したくなります。
何にせよ大きな建造物なので、色々なアングルから見つけることができます。

また、夜になると日没から23時まで毎夜ライトアップされます。
その姿はとても不気味です。

万博公園には太陽の塔以外にも色々な施設があります。
季節によって色々な花が咲いている花壇、とても大きな広場、岡本太郎以外の建造物などです。
夏に行くと沢山の向日葵を見ることができます。
こちらで遊ぶのもとても楽しいですよ。

万博公園
http://park.expo70.or.jp/index.html
太陽の塔
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%A1%94

written by chant0m0 on 2010-08-27 #places #park #art #osaka #location #japan # #expopark #tarookamoto

More Interesting Articles