無人の街の輝き:LC-A+で長時間露光!

昔からのテクニックですが、まだ健在!
このテクニックをまだ知らないあなたへ捧げます。これが簡単にバルブ設定にするクラッシックな実験です!

露出計を隠しちゃえ" by ethermoon

LC-A と LC-A+ は自動露出です。それぞれのカメラは露出計に入ってくる光によってシャッタースピードを決めています。その露出計がどこにあるかというと、露出をアンダーにするかハイキーにするかを決めるときにまわす ISO 設定の小さなノブがあるでしょう?そこにある小さな穴が露出計、光度計なのです。これが LC-A を使っているまわりの環境の光の量にあわせて自動的に調整するのです。

このテクニックの方法

  1. LOMO LC-A+ のISO を100 ( LC-Aなら ISO 25) に設定します。そうすることによって一番小さな穴になります。
  2. 前面に見える小さな穴を指で隠します。もっといい方法は、黒いテープを露出計の上に貼り付けてしまうことです。
  3. LC-A を三脚に取り付けます。(もし三脚を持っていないようなら、平らな場所に置きます)
  4. シャッターボタンを自分の好きなだけ押し続けます。

こうすれば、自分の LC-A+ でバルブモードを使うことができるようになります。
夜の撮影などにうってつけです!

このヒントみたいなウラ技を知ってますか?
ここに 最新情報をアップしてみんなの称賛を受けてください!

written by scapegoat on 2010-07-30 #gear #tutorials #long-exposure #lc-a #tipster #tipster-of-the-week #lc-a # # # # #technic
translated by pokoma

More Interesting Articles