ユーザーレビュー:Lomo LCA+ RL、Love at First Roll

LOMO LC-A+ RLを手に入れた瞬間から、撮り始めるのが待ちきれませんでした。
私は初めの数本のフィルムに少しピントのボケがでていました。なぜなら、距離によって設定をする必要があるからです。だから、ファーストロールではすばらしい作品は期待できませんでした。しかしながら、現像所からネガが返ってくると、私は、LOMO LC-A+ RLが私のベストフレンドになりそうだと気づきました。

このカメラの一番良いところはサイズです。ハンドバッグにちょうど入るのでどこへでも一緒に連れて行けます。レンズが傷つかないかと心配する必要もありません。だってお利口さんなのでレンズカバーが付いているのです。うっかり余計な写真を撮ってしまわないように、カバーが閉じている時はカメラはロックされ勝手に撮れないようにもなっています。

このカメラにはFuji Press ISO800フィルムや Lomography X-Pro Slide フィルム を使うのがお気に入り。でもどんなお手頃フィルムを使っても大丈夫。カメラ本体に小さなフィルム感度設定ダイヤルが付いているので、ISO100から1600までの違う感度設定で実験することも可能です。このダイヤルを使えば一枚撮るごとに、露出をアンダーにしたりオーバーにしたりといつでもあなたの撮りたいようにカメラを操ることができちゃいます。その上、このカメラは多重撮影を楽しむための多重撮影スイッチもあるんですよ。

その他にも LOMO LC-A + RL の素敵なところは、驚くような不思議な写真を作り出す力があることです。 輪郭がかわいくボケて、その上素晴らしい発色をするこのカメラに代わるものなんて他にありません。夜間は、このカメラで遊ぶのに最適です。 自動露出なのでシャッターは必要な秒数開いていてくれますから、あなたはあの可愛らしいカシャッ!とシャッターが切れる音を待つだけ。数秒間に渡るステキな1コマができあがります。フラッシュは特に必要ないのだけれど、 colorsplash flashLOMO LC-A+ RL の相性はピッタリ。 それに splitzer 、 tunnel vision lens、 wide angle lens その他全ての仲間たちがあなたのLC-A + RL に使えます。

まだこのカメラに恋していないなら、あなたはずいぶんチャンスを逃してますよ!

スペシャルサイトもチェックして見て下さいね

written by day3hugger on 2010-08-12 #gear #fun #35mm #review #colors #russian-lens #fuji-press-800-iso #lomo #lca-rl #lc-a-rl #lomo-slide #lc-a # #
translated by tukuchan

More Interesting Articles