Diana Mini: ハーフサイズだけど2倍の楽しみ

Diana Miniといくつかのアクセサリーでできる、ハーフフレーム、スクエアフレーム、多重露光、フラッシュ、エンドレスパノラマ、魚眼、接写、トンネルビジョンなどのテクニックをご紹介します。

Diana Mini はあなたに本当にたくさんの楽しみを与えてくれる小さなカメラです。Diana Mini は35mmカメラです。そのため、もちろん標準の35mmフィルムを使います。面倒なことなく、ほとんど全ての現像所に出すことができます。

小さなDianaは、絞りは天気マークの設定が3段階あり、(曇りマークや、晴れマークは、感度400フィルム基準)、シャッタースピードはN(1/60秒)と、B(バルブ、好きなだけ長い時間露光できます)です。あなたも簡単に使うことができます。

距離設定は、レンズを回すことによって行います。0,6m, 1-2m, 2-4m と無限遠をセットすることができます。
また、 Diana Flash+アダプター を介して他のフラッシュを加えて使用することができます。(例えば、 Color Splash Flash )三脚穴や、ケーブルレリーズ穴も搭載されています。

さらに、2つの異なったフォーマットから撮影フォーマットを選ぶことができることです。
36枚撮りフィルムを使用した際は、スクエアでは、36枚の真四角イメージを、ハーフフレームでは、通常の2倍(72枚)の写真を撮影することができます。でも、これだけが全てではありません。途中で、ハーフとスクエアの切り替えもすることができます。私は、ハーフフレームモードで、隣り合った写真同士がペアになるように撮るのが好きです。

スクエアフォーマット:

多重露光をする:

三脚、フラッシュとケーブルレリーズを加えて、「B」設定にし、(最後にBからNに戻すのを忘れないで!) ストロボフラッシュを発光させながら写真を撮ります。その時、 “Holgon Flash”:のような、連続発光のストロボが必要です。
露光しすぎにならないように、暗い部屋で撮影します。全ての動いているものが映画のように写ります!

他のテクニックはエンドレスパノラマ。次のフレームまで、完全に巻上げを行わないで撮影すると、少しオーバーラップした写真になります。このテクニックを使うと、右から左へ読みもののように写真がつながります。

あなたはまた、 Diana Mini に、マグネット式のレンズを取り付けることができます。自力で、金属リングを貼りつけ、LC-A用のアクセサリーであるトンネルビジョン、マクロレンズ、Fisheyeレンズを選んで取り付けて撮影します。

[ Diana Miniを購入する ]
[ 新商品Diana Mini Whiteが発売! ]

written by mephisto19 on 2010-07-28 #gear #macro #review #mephisto19 #square #tunnelvision #tipster #half-frame #multiple #camera-review #135 #strobe-flash #fisheye #fake-panorama #diana-mini #accessoire # #
translated by kyonn

More Interesting Articles