Lomokinoで撮るショートムービー:Gary Robertsへのインタビュー

ライターやディレクターとして活躍するGary Roberts。彼の作品に登場する主人公の夢の中の世界や、記憶を表現する手段としてLomokinoが使われています。

Gary Robertsが監督したショートムービー、”Memories Lost To Sleep”。本編でLomokino が使われた背景に迫りました。

── こんにちはGary! まずは自己紹介をしてもらえますか?

僕は普段ロンドンを中心に、ライターやディレクターをしています。最近はミュージックビデオやBBC、Google、SAMSUNGといった企業向けのコマーシャルムービーやショートフィルムの制作にも取り組んでいます。

── どうして今回、Lomokinoを使おうと思ったのですか?

記憶って実は、私たちが想像している以上に曖昧な存在なんです。そのソフトさはまるで、シネマスコープで撮影された、ロマンティックで美しい古き良き映画のようです。だから「記憶」を描写するために、いつもとは違った手法や技術を探し求めることに重視しました。

カレッジに通っている時からロモグラフィーのカメラは使っていて、Lomokinoはとても気になっていたんです。だからフォトグラファーのAlick Cotterillや、プロダクションデザイナーのMimi Winsorにも紹介して、、。「このカメラは完璧だ!」ってね。そしてお互いの日常など撮り溜めた動画を、今回主演を演じてくれたRobyn Rainsfordの夢の中として描くことにしました。

またLomokinoで撮影するとしたら、どのような作品を作りたいですか?

Lomokino の表現力の限界に挑戦してみたいです!どんなストーリーにマッチするのか模索したり、次回はぜひこのカメラで全編撮影したいですね。色々な表現方法に取り組めそうでワクワクします。でもその前に大量の35mmフィルムを用意しないといけないですね(笑) 

── 次回作品の予定などはありますか?

今まさに、木にヘッドフォンをつないだ女性のショートフィルムを、制作に取り掛かろうとしているところです。今回の「Memories Lost to Sleep」と、僕の最初の作品である「The Problemless Anonymous」を掛け合わせたようなイメージですね。SFやシュールレアリスム、アブサーディズムの融合を目指しています。

2020-03-03 #videos

Mentioned Product

LomoKino

LomoKino

Are you ready to set your images in motion? With the LomoKino, you can shoot a movie of up to 144 frames on any 35 mm film. No sound, no special effects, no post production — just simple Lomography in motion. Hit the close-up button to shoot at just 0.6 m away from your subject, and fit a flash to the hot-shoe attachment to light up your cinematic scenes. Once you've wrapped up your shoot, you can admire your 144 frames as individual shots, or use our app to turn them into an analogue movie. Kick it back to old-school Hollywood and become an analogue filmmaker today!

Add to Cart

More Interesting Articles