待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

1

先日、 新バージョンの販売をスタートしたLomoChrome Purple Film ですが、結局旧バージョンとどのくらい違うのか??詳しく比較してみましょう!まずは今回のレビューに利用したカメラについてご紹介致します。

ここに掲載する写真は LC-A+ 、Nikon EM 28mm 3.5 AISで撮影されたものです。この二台を比較用に選んだ理由はどちらもオートモードに設定可能で、レンズの焦点距離が近似値のためです。

遂に比較!第一印象は?

さぁ、どっちが新バージョンかわかるでしょうか?左の写真が新製法のLomoChrome Purple、そして右が旧バージョンのLomoChrome Purpleで撮影されたものです。違いはどうでしょう?はっきりと差が出ているものもありますよね。まず最初の3枚の写真についてですが、旧バージョンのほうではピンクがかった深い紫色が現れています。同様に濃紺の色合いも見受けられます。新バージョンではこの効果はそれほど強くありません。旧バージョンで撮り慣れている人が新バージョンを使うときは、この点を覚えておいたほうがいいかもしれませんね。新バージョンが登場すると新しい発見に出逢うことができますし、そのたびに学ぶことが必要です。

LomoChrome Purple Filmらしい色合いは健在?

新バージョンのLomoChrome Purpleでは紫というよりもピンクが強く出ることもあるようです。もしかしたら私の設定が明るすぎたのか、紫に変換させるための緑が被写体にすくなすぎたせいかもしれません。写真に写っている照明の色は白でしたが、旧バージョンのほうが新バージョンよりも紫色が強い結果となりました。ですが、旧バージョンでは背景の色は暗くほとんどわからなくなっています。

新バージョンではカラーシフトの幅が広がった!

新バージョンのLomoChrome Purpleフィルムのカラーシフトは旧バージョンと同様の色の変化か、もしくはより鮮やかな反応をみせます。 それは旧バージョンではオレンジ色に見えるドラゴンが新バージョンには赤色に写っていることからも明らかです。 さらに、緑もより生き生きとした深い色合いとなっています。 新バージョンではより多彩な紫のグラデーションによって、ディテールまで鮮やかに切り取ってくれるようです。

比較してみた感想とまとめ

なんでも、新しいものが登場することは素敵なことだと思います。では、今回の新バージョンによってLomoChrome Purpleは改善されたのでしょうか?正直なところ、私は新旧どちらの色合いも気に入っています。 個人的な好みでは旧バージョンは使いにくい場面もありますが、なかには新バージョンより旧バージョンを好む人もいるでしょう。

新バージョンのLomoChrome Purpleは赤と紫のハイブリッドといった印象です。私の撮影した写真の多くは、紫のカラーシフトでピンクに写るようでした。


Review & photos by arthur | Instagram: @arthursoptic

2017-06-03 #gear #lomochrome-purple #lcp # #

LomoChrome Purple Film 100-400 35mm

This unique color negative film will astound you by transforming natural tones of your photo into new eye-popping hues. A revival of the psychedelic infrared look from the Kodak Aerochrome film we all love, this film guarantees astounding photographic results.

Add to Cart

One Comment

  1. gakurou
    gakurou ·

    新バージョンはまだ使ったことがありませんが、旧バージョンはISO400の感度設定で撮ると露出不足気味でした。ですが Turquoiseではそれが改善されているようなので、同じように新バージョンは実行感度が改善されて、コントラストが上がった感じなのでしょうか?

More Interesting Articles