しゃべロモ Vol.8 新発売!Lomography Spinner 360°

商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等をWeb担当があらゆるゲストを招いて紹介します。痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」第8回は、新発売の商品Lomography Spinner 360°について、Web担当kyonnとLomography Gallery Store店員mam-oが検証します。

商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等をWeb担当があらゆるゲストを招いて紹介します。痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」第8回は、新発売の商品 Lomography Spinner 360° について、Web担当kyonnと Lomography Gallery Store (LGS)店員mam-oが検証します。

kyonn: えー今回は、久々のしゃべロモ、新商品の Lomography Spinner 360° (以下Spinner) 編ということで、LGS店員のmam-oさんをお迎えしてお送りいたします。さあ、mam-oさん。まず、Spinnerを手にもったら、これですね。プルコード引っ張って回しちゃいますよね。

mam-o: びっくりですよね。これで撮れてるかなって。

kyonn:見てるだけで楽しい~~

mam-o: そんな笑っている顔も写っていますよ!

kyonn: (笑) 
引っ張ってみて、とか、使い心地はどうですか?

mam-o:引っ張る強さによって、カメラが回転する速さが変わります。
おもいっきり引っ張るとすごく速く回って、少し弱めに引っ張るとゆっくりめに回る感じです。

kyonn:こういう答えこそ、かゆいところに手が届くしゃべロモだわ!
ってことは…絞り以外にも、外の明るさによって引っ張る強さを調整することもできるんだね。
快晴の屋外なら思いっきり引っ張っちゃって、屋外でも午後とか日陰とかなら、ゆっくり目とかね。

mam-o:でも、あまりゆっくりだと360度回らないことがあるんで注意しないといけないですよ。

kyonn:じゃ、手にしたら、フィルム入れる前に何回か回して試してみた方がいいね。

mam-o:そうですね、強さの感覚を確かめてみた方がいいですね。

kyonn:mam-oさんは Lomography Gallery Store の店員さんということで、みなさんの直接の反応を見ているんじゃないかと思いますけど、お店でこのカメラを見たお客さんは、初めなんて言ってます?

mam-o:最初に見た時は、みんな「これは何ですか?」って反応です。
で、動きを見せると全員驚いて、更に仕上がっている サンプル写真 を見せると、みんな「いい!撮りたい!」ってなります。

kyonn:「おもしろい」に尽きるもんね、このカメラ。

mam-o:わいわい楽しむのが好きな人に人気ですね。

kyonn:では、簡単に使い方を教えてもらえませんか?

mam-o:フィルムは35mmを使います。通常の35mmフィルムカメラと同じようなイメージで装填して、カメラの右にあるお天気のマークを設定します。
あとは、ひもを引っ張って離すだけ!!

kyonn:ちょー単純!!撮ってみました?

mam-o:先々週、Spinner発売の日に開催された 360度パーティー の時に使った写真が仕上がりました。
初めて撮ったので暗過ぎてしまったのも多かったんですが、フラッシュ付きのがいい感じでしたよ。

kyonn:あれ? Spinner ってシューはあるけど、フラッシュ付かなくない?

mam-o:いや実は、 Holgon ってフラッシュがありまして・・・

kyonn:あ!連続フラッシュだ!

mam-o:そうなんです。

mam-o:でもフラッシュが付いているからといって早く回すと意味ないですよ。このテクニックの時は、ゆっくり回して下さい。

kyonn:でも室内は慣れるまではやっぱ難しいよね。

mam-o:そうですね。
テクニック4にある、 Manual & Long exposure の方法でやります。
通常プルコードを引っ張って離すと一瞬で回転し、1/125~1/250のシャッタースピードになるんですが、
この手を離さずにプルコードをゆっくり戻すんです。そうすると、カメラもゆっくり回転するので、長時間かけて露光して、室内くらいの明るさでも写るようになるんです。

kyonn:これくらいのスピードの動きがべスト?

mam-o:もうちょっと遅くてもいいくらいです。

kyonn:ま、とにかく、外で撮るのが失敗もなくて一番いいよね。

mam-o:ぜひ、晴れた屋外、みんなで海にとか行ってほしいですね。

kyonn:とりあえず、見晴らしのいいとこでビューワ―っと回しちゃって!!!
sinvertigoさんの Spinnerで撮ったロモロケーション すごくいい感じだよ~~

kyonn:これから手に入れようと考えている人も、もう持っている人も気になる所は、プリントかな。

mam-o:今フジフィルムさんの現像所にビュープリントを出しているんですけど、このビュープリントっていうサービスですと、フィルムを一本丸ごとプリントすることができるので、 Spinner 360° の長い写真も切れ目なく、プリントすることができるんですよ。
まだ仕上がってきていないですけど、たぶんこの方法ならできるところが多いと思うので、
割と身近なプリント方法なんじゃないですかね。

kyonn:カメラのキタムラさんでもできるみたいだよね。他の現像所でもやっているのかもね。

mam-o:ビュープリントは、リバーサル現像で現像されたものだけしかできないプリント方法ですけどね。

kyonn:ここのラボならプリントできる!ってとこがあれば、ぜひとも ロモロケーションに投稿 して頂きたいものですな。
ちなみに、ネガで撮った人は、スキャナさえあれば、簡単にプリントできる方法があるんですよ。
スキャナーで取り込んだ写真をL版と同じサイズに分割して、貼りつけたり 、フォトクリップで留めたりできます。
詳しくはすっごくやり方丁寧に解説してみましたので、 こちら からどうぞ!

もしくは、 フィルムと全く同じサイズにプリントしたり、大きくプリントしたりなんて方法 も。

mam-o:家庭にスキャナーさえあれば、けっこう手軽に使えますよね。

kyonn:そうなのよ。 スキャナの選び方や、スキャンの方法、注意点 なんかを書いたブログができあがったので、ぜひ見てみてほしい!

ayumi:ねえねえ、なんでプリントできないの?どうしてそこが気になる点なの?

kyonn:あれ?ayumiさん、さっきから立ち聞きしていると思ったら!

mam-o:なぜプリントできないかというと、Spinnerで撮った写真はネガの一コマがとても長いからです。
36枚撮りのフィルムで、大体8枚撮れる位の長さなんですよ。でも実際、プリントできる方法もありますから安心して下さい。

ayumi:へ~~。

kyonn:はい、現像だけならどこでもできますし!

mam-o:現像だけしてもらった時は、切らずにネガを返してもらった方がいいですよ。現像した所と違うラボでスキャンする場合も、自宅の市販のスキャナーを使う場合も色々試してみる可能性が広がるので!カットしようと思えば自分でもできますし。

kyonn:でもやっぱり現像&プリントしてさらにデータにもできるのは、 LomoLab が一番です!

ayumi:わかりました!ありがとうございました!お邪魔しました~。

kyonn:そうそう、スキャンするなら、もうすぐ朗報があるんですよ。
取扱い説明書にも書いてあるんですけど、「デジタライザ」って商品がLomographyから出る予定なんです。
これは、スキャナに使うフレームマスクで、パーフォレーションまでスキャンできるっていう商品。
きっと。。。もうすぐ。。。。発表できるかと。

mam-o:このイラストを見ると、撮ってるときの様子がすごく面白いですよね。

kyonn:形からしてこのカメラは撮影する体勢が1つしかないなんて思ってしまうかもしれないけど、実はすごく自由な形で撮影できるんだよね。上にもある通り、このカメラは発表されている、 テクニックが10個 あるんですよ。
普通はまあ、まっすぐに腕を伸ばして~離す!といった感じなんだけど、
例えば・・・これ見てみて Backflip 縦にとるってことは…自分が全身うつっちゃう~~

mam-o:そうですね、写りますね

kyonn:いや~こんなアングルで撮影できるカメラなんてありませんよ。

mam-o & kyonn:間違いない!!!

kyonn:言いたかった~~(笑)

mam-o:しゃべロモお決まりのセリフですね。

mam-o:写りたくない人はこんな感じに頭の上にのせて撮れば、大丈夫ですよ。

kyonn:OVERHEAD SPINだ!
足元を撮ったりしても楽しいよ! FOOTLOOSE っていうテクニック。

mam-o:これも楽しいですよね! Make your friends
いっぱい人を集めてやりたいですよね。

kyonn:新しい集合写真の形だ~~
これ、ユーザーの Shooooter さんが撮った集合写真。すっごい良くない?!Spinnerがあればたくさん人数が居ても、もうぎゅっと寄らなくても全員写るよね!

Photo by Shooooter

kyonn:…この Thooth brealker はふざけすぎだから置いておこう。
よっしゃ、二人だし、最後に「 Make new friends 」で締めましょう!

mam-o:
とにかくこのカメラはユニークで面白いってことで!

mam-o & kyonn:
間違いない!!!

過去のしゃべロモはこちらからどうぞ。
Spinnerについての詳細は、こちらからどうぞ。

written by kyonn on 2010-06-23 #gear #review #gallery-store # #spinner-360 #vol8

More Interesting Articles