My world is Spinning

初めにこのカメラを手にした時、初めに思ったことは「何?!」でした。
でも、それから、このカメラがどれだけ楽しいか気づきました!!

この「新商品」 Lomography Spinner 360° を私が手にしたのは、時はさかのぼり、12月になります。それは、まだ名前さえも決まっていなくて、私が初めてこのカメラを見た時に思ったことは、「何?!どうすればいいの?どうやって撮ればいいの?」といった感じでした。ありがたいことに、Lomographyは、私の質問すべてにすぐに答えてくれ、私は、このカメラで撮影を始めました。

でももちろん、私が質問した内容の答えは、全てを満たすものではありませんでした。装填は私が他に持っているカメラと大きく違いませんでした。 問題だったのは、R、F/8 、F/16のマークを全く気にしていなかったことです。私は初め、忘れてしまいずっと「R」(巻き戻しモード)にしてしまっていました。その上、私の初めての Lomography Spinner 360° 写真は、周りの人々から、奇妙な目で見られました。私が好きな呼び方 である 「手榴弾のようなカメラ」 を持ち、 引っ張って「クルクル回す」と、奇妙な音が聞こえます…. ブーン!それは、周囲一面を回転し、私含めて、誰も、本当にこれが何かわかりません。

現像し終わり、スキャンした時、私はその結果に戸惑いました。写された背景は驚きべきものでした!私は今までこんなに多くのものが一つのフレームに収まっている写真を見たことがありません。それだけでなく、ほとんどの写真に写った表情は、カメラに向かってポーズというより、エイリアンを見たようでした。 :))

nuralがSpinner 360で撮った初めての写真 | Lomography Spinner 360°

このカメラを使い始めてから、約6カ月がたちました。私はまだ楽しんでおり、私がこのカメラで撮影する時はいつでも人々の目線は私の方向を見ます。 目立つことは相変わらずです。でも、私がその間に学んだことがありました。

まず、新しいロモグラフィーカメラを初めて使う人になることは驚くべきことです!
そして、このカメラは特に日中の間はどこでも使うことができます。私はみんながこの一コマに入っているかどうかなんて気にしなくても友達を入れて撮影できることが好きです。 だってできるって分かっているから!
また、 目の前に広がる大きな景色がある時、間違いなくどの部分もかけることなく撮影できます。
そして、私は、このカメラにやさしくする必要があることを学びました。なぜなら、どれだけのフィルムを使うか分からないからです。ケースから、もっと撮りたいと出すフィルムがなくなってしまって、涙を流すかもしれません。(私は泣きました…)

一番大切なことは、Spinnerの音を聞くということです。カメラから鳴る音に注意し始めれば、撮影モードにするのを忘れてR モードになってしまっているか、正しく撮影されているか、フィルムが終わってしまっているか簡単に分かります。それは、スピンしている正しい音はクリック音のような音です。

今や、 Lomography Spinner 360° は私のお気に入りのカメラの一つです。 (私は未だに「例のアレ」と呼んでいます。)
そして、私は、これを使ったたくさんのアイデアがあります。また今度共有しましょう!

nuralのSpinner 360で撮ったお気に入りの写真 | Lomography Spinner 360°
nuralのSpinner 360で撮ったお気に入りの写真 | Lomography Spinner 360°

Lomography Spinner 360°についての詳細はこちら

written by nural on 2010-06-23 #gear #review #sprockets #first-time # # #spinner-360 #panaromic #newspinner360 #
translated by kyonn

More Interesting Articles