しゃべロモ Vol.7

商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等をWeb担当があらゆるゲストを招いて紹介します。痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」第七回は、World Pinhole Dayを目前に、ihci-uyと新Web担当kyonnと検証します。

商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等をWeb担当があらゆるゲストを招いて紹介します。痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」第七回は、World Pinhole Dayを目前に、ihci-uyと新Web担当kyonnと検証します。

takuji:4月25日は、World Pinhole Dayということで、今日はピンホールカメラについてがテーマです。

kyonn:Ich-yuさん、そもそもピンホールカメラの仕組みってなんなんでしょう。

Ich-yu:ピンホールカメラはレンズを使わないで針穴だけで撮る写真です。

kyonn・takuji:うん、それは知ってます。

takuji:ピンホールの穴ってすごく小さいよね。どれくらいの大きさなの?

Ich-yu:うーん、カメラの大きさにもよるけど、0.3mm以下だね。 この穴が真円に近ければ近いほど、穴が小さいほどきれいに写るよ。

kyonn:へー、0.3mm以下とは、小さいですね!

takuji:穴が小さいとその分露光時間長くなるってことですよね。

kyonn:繊細なピンホール写真にするにはその分忍耐力がいるんですね。

Ich-yu:いろいろ気にしすぎると難しくなっちゃうから まずは画鋲の穴からで大丈夫だよ。 うちのカメラの箱は大きいし、ピンホールカメラ作りやすいと思う。

takuji:そういえば、この前自作でDiana Instant Back+を使ったピンホールカメラ作ってましたよね。

Ich-yu:よく聞いてくれました!見てみて!

ピンホールカメラを手軽につくってみよう

kyonn:おー、ちゃんと写真も撮れてる。 これって作るのに時間がかかりますか?

Ich-yu:かかった時間はほとんどが内側を黒くする為にぬった塗装が乾くまでの時間で、実際の工作は10分くらいでぱぱっとつくっちゃった。今度はLubitel166+のパッケージで作ろうと思ってるよ。120フィルム2本分を2コマ以上使う特大版!

takuji:12×12以上・・・贅沢だー

kyonn:撮ったらまた見せて下さいね。 ちなみにお気に入りのピンホールカメラはどれですか?

Ich-yu:完全にDiana Multi Pinhole Operatorカメラですね。

takuji:いわゆるマルピンだね。

Ich-yu:それ、ユーザーさんに言われて初めて知ったんですよね。

kyonn:このピンホールカメラはすっごく特長的ですよねー。

Ich-yu:Diana のアクセサリーの35mmBack、Instant Back も使えるし、1つの穴だけでなく、2つ穴3つ穴から露光できるんですよ。

takuji:マルピンで撮った写真って、3Dみたいだけど、これって3D眼鏡でみたら飛び出るの?

Ich-yu:それ、俺も思って見てみたんだけど…見れなかった。…ぽい雰囲気はあります。

takuji:…ぽくはなるね(笑)  でもDiana+だってアクセサリー使えるよね。俺、GWにはDianaのピンホールにチャレンジしてみますよ。

Ich-yu:4月25日にやろうよ。

kyonn:そうそう、Diana+もレンズ外すとピンホールカメラになりますね。 あと、忘れちゃいけないのが最近販売開始したHolga WPCを使ってみたい!

Ich-yu:意外と手軽だし、お勧めですね。

takuji:6X9と6X12のパノラマが撮れる。パノラマやっぱいいね。1つのフィルムで最大で9枚ってことか。そりゃもう大人の遊びですね。

kyonn:じゃ、これ借りて帰ります。

Ich-yu:お店のディスプレイだから。 ちなみに今、Lomography Gallery Store TokyoではLightLeaksというイベントを開催しています。その中でも、ピンホールカメラをお勧めしているんです。スペシャルセットもご用意していますよ。

kyonn: 日本ではWorld Pinhole Dayにどんなことをするんですか?

Ich-yu: ピンホールと聞いてもピンとこない人に向けて、説明を含めた撮影体験ですね。マルピンを使っておしゃれタウン青山を撮る!といった感じです。

ワークショップの詳細はこちらから

takuji: ちなみに、香港では、先日LomoAmigosにも登場したマーティン・チャンというピンホールの伝道師が講師をつとめるワークショップが開催されるようだよ。さっき連絡がきて、来年は日本でやりたいって言ってたので、是非お願いしたいね。とにかく凄く良いピンホール写真があるのでギャラリーを見て下さい。

ピンホールいいとこは、日中でも長時間露光で時間の流れや水の流れを捉えられるところだと思う。

kyonn:皆で今週の日曜日はピンホールでいっぱい撮ってみますか!

全員: 間違いない!

written by takuji on 2010-04-23 #news #pinhole # # # #vol7

More Interesting Articles