東京タワー(Tokyo Tower)

東京タワーを、約600段の外階段で展望台まで景色を眺めながら昇ってきました!土日祝限定ですよ!

春らしい陽気の週末に、東京タワーに行ってきました。
東京タワーといえば展望台!天気も気分も良かったので、なんと展望台に階段を使って昇ってきました。
その段数は約600段!中は真っ赤!

途中で東京タワーのゆるキャラ「ノッポン」のはげましパネルや消費カロリー表示などのオマケがたくさんあったこともあり(?)600段を15分くらいで昇りきりました。
昇りきった後には、非売品の「ノッポン公認 昇り階段認定証」がもらえました!ワーイ!

高さの割に体力をあまり使わず、なおかつ良い具合の達成感。これはおすすめです。
地上223mからの景色は言うまでもなく素晴らしいです。東京都内を一望でき、お天気がよいと富士山も見えるみたいですよ。空中散歩体験ができる、床がガラス張りになっている部分もありました。

今行くとたくさんの鯉のぼりが見られます。
新電波塔、東京スカイツリーが出来る前に、真っ赤な元祖電波塔に行ってみてはいかがですか?

東京タワーとは…
正式名称は「日本電波塔」。1958年(昭和33年)12月23日に完成しました。「東京タワー」の名称は公募により募集され、完成直前に開かれた審査会で決定しました。昼間障害標識として、頂点より赤色と白色を交互に配した塗装となっています。

333mという「3」が続くこの塔の高さは、実は偶然だったそう。塔はフランス・パリのエッフェル塔の312m(現在は324m)より21m高く、当時の自立式鉄塔としては世界最高でした。

夜は、日没から深夜0時までの間美しくライトアップされます。季節に合わせライトの色も変化させており春・秋・冬は暖光色の高圧ナトリウムランプのライトアップ、夏は涼しげな白色のメタルハライドランプの照明になる。また、イベントなどで違う色にライトアップする場合もあります。

東京タワーのふもとには東京タワー水族館、蝋人形館、SPACE WAX(スペース ワックス)、ギネスワールドレコードミュージアムTOKYO、トリックアートギャラリー、とうけいプラザ、感どうする経済館、ゲームコーナー、各種土産物屋、飲食店、コンビニエンスストア(ファミリーマート)などなどたくさんの施設があります。

東京タワー

営業時間 9:00 – 22:00(年中無休)

入場料(大展望台/特別展望台)
大人(高校生以上) 820円 /600円
子供(小中学生) 460円 /400円
幼児(4歳以上) 310円 /350円

詳しくは 東京タワー公式サイト をご確認下さい。

週末や連休にぜひ!

written by nimi48 on 2010-04-22 #places #tokyo #tower #location #tokyo-tower #noppon-bros # # #333m #

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles