東京スカイツリー(Tokyo Sky Tree)

現在建設中の東京スカイツリーはすでに約半分が完成しています。
今の内から出来上がる途中も写真に収めておきました。

東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、Tokyo Sky Tree)は東京都墨田区押上に建設中の電波塔です。
正式名称決定までの仮称は「新東京タワー」。「東京スカイツリー」「東京EDOタワー」「ライジングタワー」「みらいタワー」「ゆめみやぐら」「ライジングイーストタワー」の6つの名称候補からインターネットを通じて一般投票を行い、決定されました。

2008年7月14日に着工し、2011年12月から遅くても2012年早春に竣工の予定で、完成すると634mという、自立式電波塔としては世界一の高さとなります。「634m」は「武蔵」という東京、埼玉、神奈川の一部を含む旧地名からだそう。自立式建築物としては”ブルジュ・ハリファ”の828mに次ぐ世界第2位となる予定です。2011年7月24日には地上アナログテレビ放送が終了となるため地上デジタル放送用の電波塔となります。

建設中の現在でも、ふもとから見上げることができます。
長いものはもちろん、Horizonで撮影するのがいいですね!

すでに300mを超えたスカイツリーは遠くからも見えます。例えば浅草や錦糸町、両国などからも!

色は「スカイツリーホワイト」。これは日本伝統の「藍白」(あいじろ)をベースにした独自の命名のオリジナルカラーで、青みがかった白です。ライトアップは、隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの光でタワーを貫く心柱を照らし出す「粋」と、江戸紫をテーマカラーとし、金箔のようなきらめきのある光の「雅」という2つの異なるライティングを1日毎に交互に替えるそう。

詳しくは公式サイトをご確認下さい。

written by kyonn on 2010-05-03 #places #tower #lomolocation #location #horizon #lc-a #dianamini # # #skytree

More Interesting Articles