Diana F+: "狩りの女神"

アクセサリーが充実しているDianaカメラですが、使ったことがない人はいきなり手を出すのが難しかもしれません。そんなあなたにDianaカメラに恋をしてしまった方のお話を紹介いたします!

はじめに、Dianaカメラを見る前、私はこんなのカメラじゃないよ、これはおもちゃだよ、と心の中で笑っていました。 今は比べようもないほど幸せに、それは「まちがっていた」と言えます。きっとすぐにあなたもその深さを見つけ出し、この美しいカメラに恋するでしょう!

私は、自分の価値観を少し変えて、この Diana+ Deluxe Kit を購入することに決めました。買い物にはうとい人間なのですが、一番の決めてとなったのはこのキットの値段と、中に含まれているファッショナブルなケーブルリリースやフラッシュ、レンズといったアクセサリー達でした。ちょうどクリスマスの時期だったので、私にとって、とても嬉しいものでした。

それまで、Dianaが私の人生を変えようとは思いもしませんでした。

まず初めに、私はすごくためらました。私は今まで一度も絞りやシャッタースピード、ピントをちゃんと合わせることを注意していない人間だったので、全てはまるで、フルマニュアルカメラを初めて手にしたようでした。絞りやシャッタースピードの関係は、デジタルカメラの特徴をつかってチェックするのがいいでしょう。その関係は実は簡単なもので、ごく自然な関係なんです。手短かに言うと、Dianaは私に、私を取り巻く環境に気をくばることを教えてくれました。「お日様マーク」のセッティングか、それとも「曇りマーク」のセッティングか。シャッタースピードは「ノーマル」か「バルブ」か?室内にいるか、野外にいるか?

DianaもまたISO400のフィルムが最適です。ただ、レンズの脇にある小さな「絞り」について覚えてしまえばいいのです。「曇りマーク」はf/9、「お日様マーク」はf/22です。(「くもり時々晴れ」マークはf/16です。)

そうすれば、あなたはこのカメラで出来ること全てを理解できるはずです。フラッシュを付けたり、レンズを交換したり。ピンホールで撮ってみたり、カラーフラッシュにしてみたり、35mmフィルムを使ったり。広角で撮ったり、クローズアップで撮ったり。近づいて撮ったり、離れて撮ったり。そのままで撮ってもいいし、フィッシュアイで撮ってみても。スプロケットを使って撮ってみたり、多重露光で撮ったり。斜めで撮ったり、パノラマで撮ってみたり・・・。なんかものすごい感じがしますが、そのうきうきするような感覚こそがこのカメラの全てなんです。ただ一つの、すばらしいカメラです。

Dianaの特徴は、ボディーがプラスチックであるということです。そこの旅行好きなあなた、このカメラは最適ですよ。全てが整ったカメラが2.3kg以下でバックに入るので、世界の何処へでも連れて行けます。そして一番いいことは?あなたなら分かるでしょう。

Dianaのすばらしいビネットと多才さが、あなたをベストショットを撮りに狩り立てる。あなたの思い出を彼女と写せば、決してそれを忘れることは無いでしょう。

Diana Fのご購入は こちら から

関連記事:
Accessorize the Diana F+ & LOMO LC-A

written by migueld on 2010-03-29 #gear #review
translated by kyonn

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles