ライアン シュード LOMO Lubitel 166+で撮る

アメリカ カリフォルニアの写真家ライアン シュード(Ryan Schude) がLOMO Lubitel 166+で撮りおろし。

本名: Ryan Schude
都市: ロサンゼルス, カリフォルニア州
国: アメリカ合衆国

いつ頃からロモグラファーとして、ロモグラフィーのカメラと親しんでいますか
どのカメラか忘れてしまったけど、35mmのプラスティックカメラを2000年に初めて手にとったかな。でもカリフォルニアのセントラル・コーストにある遊園地の乗り物に乗ってた時に落として壊しちゃったんだよ。その時は、ロサンゼルスからサンフランシスコに友人と一緒にドライブして、小さなお祭りに立ち寄ったんだよ。乗り物の係員が" No camera!"なんて言うもんだから、もう少しで彼を殺めてしまいそうになったけど。今思えば彼の忠告を聞いていれば壊れていなかったかもね。というわけで、今回LOMO Lubitel 166+で撮影させてもらったのがロモグラフィーのカメラとのそれ以来の再会。

これまで写真を撮ってきて、もっとも印象的な出来事や驚いてしまった思い出の瞬間は?
うーん、良い質問だね。2枚の写真が偶然のストーリーを持った時かな。1枚目で、男性が女性にアプローチしてて、2枚目で二人がどこかに消えて行く様が写っていたんだよ。現像する時に、どこで撮ったものか状況がいまいちわからない場所だったね。この事をきっかけに毎日カメラをどこにでも持ち歩くスタイルの面白さを再認識出来たかもしれないね。

もし、ここに紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。
“The City Never Sleeps” – Lee Hazlewood
“Cuddle Fuddle” – Passion Pit
“Howlin’ At The Moon” – Hank Williams Sr.

国内でも海外でも好きなところへ行けるとしたら、どこにLOMO Lubitel166+と共に出掛けていきたいですか?
アメリカの南へロードトリップに出掛けたいね。料理は美味しいし、未だに体験したことのないような文化の違いなんかも体感できるんだよ。

予定しているプロジェクトはありますか?
ミュージックビデオの監督をする予定なんだ。LA出身のメンバーとのコラボレーションなんだけど、オールドスクールのテイストを取り入れて、なかなか良いものになりそうな予感がするよ。

生死を問わず、誰か一人撮影できるとしたら誰を撮ってみたいですか?
ハハ、実現不可能な質問だね。80年代の映画でLittle Orpan Annieを演じた子がいいかな。ショート、レッド、カーリーヘアーとそばかすが今でも印象に残ってるよ。

LOMO Lubitel166+をこれから手にする皆さんにアドバイスは?
オールドスクールで、素敵なレザーのバッグにLOMO Lubitel166+と撮影に必要なものを詰め込んで、お高くとまっているように演じて欲しいね。いつでもどこでもアートを体感しつつ、カメラについて質問された時はフィルムで撮影する行為を自分がどれだけ愛しているか説明してあげてよ。もちろんデジタルに反論しろなんて言ってないし、もしフィルムだけが写真だなんて熱く語るやつがいたらパンチしたいくらいだよ。あとは、現像所のスキャナでスキャンしてもらうならフィルムのエッセンスを壊されてしまう可能性もあるから、あんまりシャープにスキャンしないようにお願いしたほうが良いかもね。あとは練習あるのみだね。

Lomo Amigoに選ばれた時、デジタルばかりを使っていたと聞いたけど、また最近フィルムを使い始めた理由は?
実は、LOMO Lubitel166+が僕をフィルムに引き戻してくれたんだよ。iPhoneでフィルムで撮影したようにみえるクラッピーなスナップショットを使っていたんだけど、LOMO Lubitel166+が気づかせてくれた事は大きいね。1年前にハッセルブラッドを手放してからは、フィルムカメラを持ち歩くモチベーションが無くなってしまっていたんだよ。でも、LOMO Lubitel166+を手にしてからは、いつでもどこへでも彼を連れて行ってiPhoneで撮影する機会はほとんど無くなったね。

普段のあなたの多くの写真が、精巧にアレンジされたセットを前にする撮影手法だと思うけど、Lomo Amigoプロジェクトへのアプローチ方法は自分なりにアレンジしたの?
そうだね。今回はいつもとは全く逆のアプローチにしたよ。ステージでの撮影もいいんだけど、デジタルでも出来るし、それよりLOMO Lubitel166+には、自然な感じの撮影がしっくりくるよね。やっぱり、撮ったらフィルムを巻き上げて、次の1枚を撮るだけの作業だからね、セットなんかよりもあまり深く考えないで撮影したほうが良いと思うんだ。

LOMO Lubitel166+のマイクロサイトはこちらから

written by alexandrak on 2010-03-22 #people #lomoamigo
translated by takuji

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles