Fuji T64 Pro (35mm, 64 iso) ユーザーレビュー

いつもFuji Sensia (100, 200 and 400)を使っていましたが、たまには違うフィルムを試してみたくなりました。

3、4ヶ月前まで私は一番安いフィルムを見つけてはHolgaに入れてぱしゃぱしゃとスナップ写真を楽しんでいました。そのとき使っていたのはSensiaの100,200,400でしたが、最近は何となく物足りなさを感じていました。そこで近くのカメラ屋に出かけT64というフィルムをフィルム売り場の一番端っこで見つけたのです。そのパッケージの違いにも興味をそそられましたがそのフィルムの写し出す絵はまさに私がこれまでに使ったすべてのフィルムとは違っていました。

今までISO100より感度の低いフィルムを使ったことがなかったので、このフィルムを使い始めるときフィルムの感度(64)がとても気になり晴天を待っていました。ついにその日がやってきました。HolgaにT64を装填し仲間たちと早速スケートパークへ出かけました。

数日後、現像から戻ってきたプリントを見て今まで体験し得なかったフィルムの本当の潜在性に驚嘆しました。何枚かはオーバー気味の露出でしたが、そんなことは全く気にならなく自分の撮った写真とは思えないくらい本当にすばらしい出来だったのです。

それ以来Fuji T64を使う時はいつもクロスプロセスの現像を楽しんでいます。いつかはE-6現像(スライドフィルムの通常現像)にも挑戦してみたいですがやっぱりクロスプロセス現像をせずに入られません。低感度のためフィルムノイズが非常に少なく、とてもコントラストが高く解像度のあるイメージに仕上がります。このフィルムを使うようになってからは友人たちにも明るく晴天で日差しの強日に使うようにと勧めてきましたが薄暗い日に使った際、そのフィルムが創り出すイメージが突然、濃い青や紫の色に変わることに気づきました。そんな写真もまた私をこのフィルムの虜にさせるのです。

written by oldskool_rider on 2009-10-28 #gear #review #t64 #fuji #
translated by takuji

More Interesting Articles