Lomography Workshop 写真で綴るフォトノベル ~Diana Miniと72枚の記憶~

東京都写真美術館で開催されたLomographyワークショップ「写真で綴るフォトノベル ~Diana Miniと72枚の記憶~」のレビューです。

2009/10/12(月・祝)に恵比寿の東京都写真美術館にて、Lomographyワークショップ「写真で綴るフォトノベル ~Diana Miniと72枚の記憶~」が開催されました。

Diana Miniのハーフフレームフォーマットを使い、36枚撮りフィルムで72枚の写真を撮影。「小説」をテーマに、みなさん思い思いの場所へシューティングに出掛けました。
パートナーを主人公にしたり、可愛いものをたくさん撮ったり、多重露光でホラー作品に挑戦した方もいらっしゃいました。恵比寿ガーデンプレイスという場所柄か、撮影から戻った方の中に、顔の赤い方もちらほら。(昼間のビールは最高の休日ですね。)
たった2時間の撮影時間でしたが、72枚撮りきった方が予想以上に多く、スタッフ一同びっくりしました。
お昼の休憩後は、出来上がった写真たちを特製の冊子に貼り、フォトノベルを作ります。Diana Mini特有のドリーミーな写りや、たまに混ざった失敗写真を見せ合いながら、みなさんとても楽しそう。しかし、ひとたび作業が始まると、誰もが黙々と写真を選び始め、おしゃべりさえもなくなってしまいました。みなさんの顔は真剣そのもの。スタッフも気合が入ります。
最後は完成した作品をテーブルに並べ、お披露目会を開きました。そのどれもがしっかりとストーリーを感じられるものばかりで、お互いに感心し合う参加者の面々。写真のレイアウトに凝った作品や、コラージュしたもの、文章やコメントの入ったページなど、まさに十人十色の出来栄えでした。みなさんそれぞれ、お気に入りの一冊が見つかったようです。

参加者の方の作品は、東京都写真美術館ミュージアムショップ NADiff×10店内にて、10月末まで展示されています。みなさんぜひ足を運んでご覧になってください。
また、展示期間中はロモグラフィー フェアも開催。ロモグラフィーのカメラを購入された方には、LC-A 25周年記念フラッグとLomographyステッカーをプレゼント。
この機会に、かわいいDiana Miniをぜひゲットしてみてください。

written by kokorotaro on 2009-10-19 #news #event #workshop #diana-mini

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles