フリーダ・カーロ : 痛みと情熱のセルフポートレート

今月のマガジン記事では、セルフポートレートにスポットライトを当てています。私たちはこのテーマに対し単純に魂のこもったセルフポートレートで知られている名高いメキシコ人画家フリーダ・カーロの鮮烈なアートワークを無視することができませんでした。このアーティストについて学び、彼女のアートワークを見てみましょう!

フリーダ・カーロ / The Coincidental Dandy より引用した写真

“皆は私がシュールレアリストだと思いました。でも違います。私は夢の世界を決して描いていません。私は私自身のリアリティーを描いています。”

セルフポートレートとなると、メキシコ人画家フリーダ・カーロのアートワークを決して外すことができません。彼女が画家になろうと意識していなかった間に起きたいくつかのイベントが彼女を独学のアーティストにさせました。もっとも注目すべきことは、1925年の9月の事故で負った重傷です。

全身ギブスを着ながら彼女は3ヶ月療養期間を過ごしました。この期間に彼女は過去の時間を描き始めます。ほとんどの彼女の創作はセルフポートレートでした。 “私は自分自身を描く。なぜなら私は大抵一人だから。そして、私は私の知るベストな被写体だから。” 独学のアーティストはかつてこう言いました。

1つ目の写真:彼女の絵画の1つ「Two Fridas」とフリーダ・カーロ/2つ目の写真: フリーダの母が彼女の為に作った特別なイーゼル。ベッドに寝ている為、彼女は描くことができない。 365 Artists より引用した写真。

カーロの絵画は、彼女の個人的な経験と悲劇を表現しています。事故後、彼女は非常に多くの手術を経験しなくてはなりませんでした。彼女のアーティスト仲間Diego Riveraとの騒然とした結婚と流産。シュールレアリズムのヒントを形成しました。これらのポートレートの痛みと情熱はメキシコの文化と伝統の要素も持っています。鮮やかなトーンからも明らかなように彼女の激しい苦痛のテーマと反発しています。

彼女のアートワークを言葉で表現するより、彼女の最もすてきで最もパワフルなセルフポートレートを教えた方がいいですね。

順に: Self-Portrait with the Collar of Spines, The Broken Column, Henry Ford Hospital, Self-Portrait with Cropped Hair, Two Fridas. イメージは FridaKahlo.com, 365 Artists, The Coincidental Dandy より引用

この記事の情報は Wikipediaのフリーダ・カーロのページFridaKahlo.com より引用しています。

どうやってあなたはフリーダ・カーロのセルフポートレートを知りましたか?コメントで教えてださい!

written by plasticpopsicle on 2012-03-28 #art #lifestyle #mexico #paintings #pain #lomography #self-portraits #painter #passion #surrealism #analogue-lifestyle #frida-kahlo #surrealist-art
translated by kyonn

More Interesting Articles