LomoKinoでピンホールムービーを撮影する方法

ピンホールLomoKinoムービーが撮影可能だって知っていました?方法をどうぞ!

ご注意ください:ご自身により内部を改造されたカメラの保証はロモグラフィーではいたしかねます。このテクニックは必ず自己責任でお試しください

Mandi によるLomoKinoピンホールムービー

  • LomoKinoの前面部分を外します。前面部分の後ろから6つの小さなネジを外します。内部パーツに注意し、どうやってどこからそのパーツを外したのか覚えておいてください。絞りのレバー/ディスクを外し、慎重にレンズ/シャッターパーツからそれを引いて離します。この部分を支えている4つのネジを取り除きます。
  • 小さなピンホールディスクを組み立てます。例えば薄いアルミホイル。このケースでは私はアルミホイルと両面テープを使用しました。とても小さなピンホール穴を作る為に縫い針を使っています。(ご注意:私はピンホールの前面部分をペイントしています。光漏れや反射を防ぐ為に裏を黒くしましょう。)シャッター/レンズがあった場所に貼付けます。
  • 6つのネジで前面のパーツを取り付けます。もしあなたが後で元のLomoKinoに戻したかったら、他のパーツをどれもなくさないようにしてください。
  • これで、あなたのLomoKinoはピンホールで常に露光することができるようになりました。各フレームの露光の巻き上げる前のピンホール穴のカバーとして手を使います。 (特に、その間にカメラを動かしたくない時は)
  • 三脚の使用をお勧めします。あなたのピンホール穴のサイズによりますが、明るい晴れた日なら、1-3秒から露光時間をスタートします。暗いコンディションならかなり長く露光しましょう。あなたが144フレーム撮影したいなら、各フレームには1分または10分かかることを覚えておいてください。
  • 追加テクニック: あなただけのシャッター機構をつくってLomoKinoの前面に取り付けることもできます。必ず「シャッター」が十分に開くようにしてください。穴の前面全て露出しているか、完全に閉じていて、イメージに影響するどんな光も入れないようにしてください。
  • kylewis 、この改造を一緒に検証してくれてありがとう!彼女のムービーを下記よりどうぞ!

Kylewis によるLomoKinoピンホールムービー

Kylewis によるLomoKinoピンホールムービー

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。詳しい内容は マイクロサイト へ!

written by mandi on 2012-03-24 #gear #tutorials #pinhole #analogue #movies #tipster #lomography #lomokino
translated by kyonn

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles