LC-Wide後遺症:セルフショット好き過ぎ病

4年以上LC-A+で撮っていましたが、私はいつもビューファインダーの後ろにいて、覗くことによりインスピレーションの源を手に入れてきました。友人、景色、日常、抽象的な物などを撮ってきました。昨年、私はLC-Wideを手に入れました。その時から、私の写真コレクションに新しい顔を登場させる方法があると気づきました。え?それは私!

LOMO LC-Wideをセルフポートレートに使ってみるのはどう?
1) 0.6m まで近寄れる最短距離は、あなたの腕の長さとちょうど同じ。

2) Fisheye 程キュートってわけではないので、あなたが控えめな LC-Wide をセルフ写真に使っている時、みんな気づかないでしょう。

3) 魅力的なビネット、激しい色、ため息が出る程の彩度、コントラストがあなたを本当にクールに見せてくれます。焦点はあなたに。あなただけに。

4) 片手でセルフポートレート撮影に使うことができる唯一のガラスレンズを搭載したロモグラフィーカメラ。

5) あなた自身や、あなたの周りの人に近寄れます。

6) ワイドなので、あなたとあなたの食べ物を写真に収めることができます。

あなたがもし私に自分を見るのに飽きたか聞きたいなら… LC-Wide で撮ったロモグラフではそんなことありません!

LOMO LC-Wide は誇るべき新開発の17mmのMinigon超広角レンズを搭載しています。この神秘の35mmフィルムカメラはあなたの撮影旅行の最高の相棒です。豊かな彩度とコントラストで生みだされた色の洪水があなたの目を奪います。3タイプのフォーマットでたくさんの可能性が追加された LC-Wide で、写真の世界の新しいとびらを開きましょう。 オンラインショップ でご購入頂けます。

written by meerly on 2012-03-22 #gear #tutorials #film #shot #tutorial #self #singapore #tipster #lomography #portriat #quickie-tipster #lc-wide #35mm-films
translated by kyonn

More Interesting Articles