部屋の中に浮かぶ雲

オランダ人アーティスト、Berndnaut Smildeさんは、空想にふけっています。それが、すばらしいんです。みなさんは、雲をボトルに詰めようとして失敗したことがありませんか?夢見るみなさん、そのままその夢を持っていてください。Smildeさんがついに実現したんですから!それもボトルの中ではなく、部屋の中です。室内に閉じ込めておくことができて、空にあるときと同じように浮かぶ、実物大の雲を作る方法を見つけたんです!

Nimbus II, 2012. Image via Probe

ここにある写真、超現実的です。そんな超現実的な雰囲気を感じるのは、部屋の中に雲が浮かぶという、一見不可能な光景を目の当たりにしているからですよね。実際、室内という環境で浮かんでいるこの雲は本物なんです!撮影の際にトリックを使ったわけでもありません。部屋の湿度と気圧の調整により、水蒸気が凝縮された大きなかたまりが作られたのです。

その姿は、まさに白くてふわふわの綿みたいな雲そのもの。わたしたちが普段、広々とした草原に寝転がって見上げる雲です。決して不吉な感じを受けやすい、うっすらとした、白い半透明の不気味なものではありません。

Nimbus, 2010. Images via Probe

このインスタレーション(展示空間の全体を利用して展示された作品のこと)は短時間で消えるので、 Smildeさん は様々なアングルから写真を撮るので精一杯でしたが、きれいに撮れました。写真を見ると、本物の雲が頭上に浮かぶ部屋を歩いているような気分に心ゆくまで浸ることができます。

今回のインスタレーションNimbus IIの実演をご覧になりたい方は こちら

この記事の情報は Probe を引用しました。

written by soundfoodaround on 2012-03-22 #lifestyle #
translated by tea-tea

More Interesting Articles