LOMO LC-Aとsplitzerを使って新しい写真に挑戦

休暇のときのワンパターンな写真に飽きていませんか?それなら、別々の場所のいいとこ取りをして、新しい街を作ってみるのはいかがでしょう?

私は数週間前、自分にも同じ質問をしました。人生で2度目のロンドンに行ったときのことです。当然、写真をたくさん撮りたかったのですが、前の年に行ったときと同じような写真は嫌だったのです。

そこで私は自分の LOMO LC-ASplitzer を取り出して、新たな試みをやってみました。とっても簡単だったので、みなさんもできると思います。

では、この試みの手順を説明しましょう。まずSplitzerをLC-Aにセット。1つの場所で、最初の1セット分の写真を撮ります。そしてフィルムを巻き戻し、別な場所で新しい写真を1セット分撮るのです。(つまり1セット分=1回目の装填でフィルム一本分全て同じ角度のSplitzerで撮り、2回目の装填でSplitzerを違う角度に回して撮影するということです)

もっと詳しく説明すると…

1. カメラにフィルムを装填します。この時、2度目のセットを同じこまから始めることができるように、必ずフィルムに目印をつけておきましょう。
2. (私のように)記憶力が悪い人は、Splitzerの位置を写真で記録しておくのも一つの手です。こうしておけば、Splitzerがずれてしまったときにも便利ですよ。

3. 1つ目の場所で、写真を撮ります。二重露光に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。
4. 撮り終えたら、フィルムの端がキャニスターの外に残るように気を付けて、フィルムを巻き戻しましょう。(抵抗を感じなくなったら、巻き戻すのを止めてください)
5. 最初につけておいた目印をもとにフィルムを再び装填し、Splitzerの位置を変えます。

私の場合、思った通りの写真は撮れませんでした。自分が原因なのか、現像してくれたお店が原因なのかは分かりません。でも私は落ち込むどころか、失敗したことで、挑戦しつづけようという気になりました!

私がブライドンと命名した新しい街の写真が、こちらです!

LOMO LC-A+ は、そ のすばらしい特性で、世界中に知られています。自動露出、 対応の幅を広げた感度設定、そして多重露光と長時間露光の機能。あなたも自分の LOMO LC-A+ を手に入れましょう!

written by littlekoala on 2012-03-12 #gear #tutorials #splitzer #lc-a #camera #experiment #tipster #brighton #failed #london #gupexperiment
translated by tea-tea

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles