Lomokinoレビュー: ホームビデオを楽しもう!

アナログフイルムを動画の中に取り入れよう!この小さなカメラは、あなたのアナログライフの中のギャップを埋め、そしてそこにはあなたが気付きもしなかったことがあります。私がいろいろと飛び回ったあと、Lomokinoについてどんなことを考えていると思いますか?

まずはじめに、私はこのカメラが大好き!いつも一つのカメラを心から好きになるまでには数本のフイルムと数カ月はかかるのだけど、これはたちまちに気に入ってしまいました!その理由は、かっこいいんだけど見た目ではなく、使いやすいからでもなく。時には大変なこともあって山あり谷ありだったしね。理由はその仕上がりです! LomoKino は驚くような仕上がりを見せてくれます!

このカメラを1つのカメラとして見てみると – 潜在能力を見つけることは難しい – その結果として表れる写真たちは粒子が粗かったり時に少しぼやけて、その画像は謎めいた斑点とともに薄いものになります。でも、この小さなLomokinoは写真用だけではなくビデオ用に作られていて、それがLomokinoが本当に活躍できる場所なんです。

ここで良い点と悪い点を簡単にあげてみます。:

良い点

1. このカメラは使っているのが楽しい!ほんとうにおもしろくてどこでもちょっとしたビデオを作りたくなるし、色々な物を捕えていつもビデオを作りたくなっちゃいます。

2. 安い! LC-ALubitel, に比べるとお財布にも優しいし、値段の価値は必ずありますよ!

3. できあがりが素晴らしい!もうすでに言ってきていることですが、粒子と斑点が一緒に現れて、時代を超えた素晴らしくノスタルジックなビデオを作ります。

悪い点

1. フイルムをたくさん使います。もちろん一本で30秒撮影できますが、でも、30秒だけのビデオなんて誰も作らないでしょ?

2. スキャンが難しい。現像するためにお店に行くと、少しトリミングされたフレームとむらのある画像ができあってきます。それをCDにスキャンするためには3ポンドかかるけど、私はそのトリミングや画像の処理を自分でするから気にならないけどね。

3. 動画で読み込む作業が普通でないです。一回理解してしまえば、そんなに難しくはないです、でも、フイルムが自然な曲線にはならなくて、それと格闘するのは少しめんどくさい。チュートリアルビデオを見て、注意して説明書を見てみてください。

でも、私はこれらの欠点があなたをLomokinoを躊躇させるとは思いません。カメラのスキャンと読み込みは経験と練習で簡単になっていくし、生活の中でより多くのフイルムを使うことは必ずしも悪いことなんかじゃありません。

まだ私があげていないお気に入りの点は、今生活のなかにビデオがあることです。それはアナログビデオだったりアナログホームビデオだったり。時々ケイタイのカメラを使う以外は私は完全にフイルムのフォトグラファーで、このカメラを手に入れる前は私の生活の中でビデオを作るなんて考えたことがありませんでした。今、私はたくさんの人々とこれを共有し、日々の生活の雰囲気、光、感覚を捕えるより多くの方法を持っているんです。ある意味、私をベストに映し出すと思っています。フイルムを通してね。

このちょっとしたカメラは私の生活を共有していくをまたエキサイティングにしてくれました。新しい土地の写真を撮るためにより多くの場所に行かなくてはいけないというのではなく、むしろ私は毎日訪れる場所のビデオを撮っています。仕事に歩いて行くときであれ、一番近い観光地であれ。そして、このようなことや、このカメラに関しての全てのネガティブな点、努力、全てのフイルムには間違いなく価値があるんだと私は思っています。

私が作ったLomoKinoムービーもチェックして!

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

written by easilydistracted on 2012-03-07 #gear #film #review #movies #lomography #overview #cons #user-review #requested #pros #lomokino
translated by kinta

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles