日本人アーティストBaku Maeda : Ribbonesia

日本人アーティストBaku Maedaは絵筆やペンによるイラストレーション中心のアーティストですが、
最近ではそれ以外にも、リボンやファブリックで動物を作成するアートに取り組んでいます。彼の独特なアート作品をご覧ください。

Image via Lost at E Minor

Baku Maeda は日本を拠点として世界中のエキシビジョンに参加してきたイラストレーターです。そして最近では、ペンや筆を使ったイラストレーションアート作品だけでなく、リボンやファブリックを使った新しい作品の制作に取りかかっています。彼はこの新たなプロジェクトを「Ribbonesia」とよんでいます。このプロジェクトでは彼が野生動物に興味を持っていることから、リボンによって様々な動物を創っていくことに焦点をあてています。それぞれが手作業で制作されていて、リボンの色も慎重にに選択されていることから、同じものが2つと無い作品です。

下記のBaku Maedaの作品をご覧ください:

Images via Design Swan and Ribbonesia

この記事は Design Swan , RibbonesiaLost at E Minor を参照しています。

あなたの気になるアナログな事柄やアーティストについて記事にしてみませんか?投稿が採用されると、ピギーポイントプレゼント!詳しくは、 ニュース記事の投稿がガイド でチェック!

written by jeanmendoza on 2012-02-27 #news #art #project #ribbon #analogue-art #baku-maeda #ribbonesia
translated by hanahana

More Interesting Articles