フォトグラファー石野千尋、LOMO LC-Aで撮る

東京を拠点に世界中を飛びまわっているフォトグラファー石野千尋さん。彼女の撮るLC-A写真はなんだかとてもキュートで、さりげない日常の一瞬を切りとっています。ファッションカタログやミュージシャンの写真を撮る日常のお仕事から抜け出して、今回はなんと10年以上(!)もご愛用頂いているLOMO LC-A写真と共にインタビューにお答えいただきました!

名前 : 石野 千尋 / chihiro ishino
都市 : 東京 / tokyo
国 : 日本 / japan
ロモホーム: chihiroishino
ウェブサイト: http://www.chihiroishino.com

簡単な自己紹介をお願いします。

フォトグラファーの石野千尋です。
お仕事でもプライベートでもいつも写真を撮っています。
3年前からムービーも始め、勉強中です。

いつ頃からロモグラフィーのカメラを使っていますか?また、どんな出会いで使い始めましたか?

高校生の頃、雑誌で見かけたLC-Aがとても気になり、次の日に買いにいきました。もう10年以上愛用しています!
ウィーンやマドリードなど、旅するたびに世界各国の Lomography Gallery Store もまわってます!そのくらい大好きです♡

写真に興味を持ち始めたきっかけは何でしたか?

自分の見たもの、感じたもの、忘れたくない瞬間を写真によって残せるところ。そこに面白みを感じ、写真の世界にはまってしまいました。
あとはカメラそのものが大好きで、デザインやフォルムはもちろん、機種によっての写りの違いや味などを研究するのが好きで、高校では写真部に入りました。そこで現像やプリントの面白さを知りますます虜になってしまいました。

LOMO LC-Aを一言で表すと?

いつも一緒にいてくれる、友達のような存在。

LOMO LC-Aで撮影していて、印象的な出来事や、驚いてしまった思い出があればお聞かせください。

何がどうやって写っているか、考えるのが毎回楽しいです。狙い通りの時もあれば、撮った時の想像以上のものが出てくる事もあるので、現像が上がるまでの時間はいつもドキドキしています。

見た目が小さく可愛いカメラなので、海外では知らない人に「それはカメラ?」声をかけられてカメラトークをする事が多いです!LC-Aを持っていると、カメラ好きの人と話が弾むのでとても嬉しいです。

デジタルカメラもお使いかと思いますが、LOMO LC-Aで撮影したい!と思うような被写体はありますか?

大自然!山や森、海や川。太陽の光がたっぷり差し込む場所を撮影したいです。光で遊ぶのが楽しいカメラだから!

もし今、LOMO LC-Aで世界中どこでも撮影しにいってもよいと言われたらどちらに行かれますか?それは、なぜでしょう?

アイスランドに行ってみたいです。
夏の白夜も、冬のオーロラも撮りたい。
アイスランドの大自然へ、LOMO LC-Aを連れて行きたい!

フォトグラファーのお仕事でいろんな国を飛び回られていらっしゃいますが、海外撮影の裏話や経験談を教えてほしいです!この国でこんな場所で撮影した、こんなシーンが印象的だった等はありますか?

スペインのマドリードのバンド ‘The Right Ons’ のスペインツアーに同行した時は移動も一緒だったので車内はもちろん、楽屋やステージに立つまで四六時中写真を撮り続けました。撮っても撮っても撮り足りないくらい濃厚な日々、とても貴重な体験が出来ました。言語は違っても、音楽と写真を通してメンバーと仲良くなれたことがとても印象的です。

言葉が通じない国でも、写真を通して会話できることがあります。写真がきっかけになる事が多いので、旅の最中はカメラによく助けられています!

ファッション写真を撮るとき、女子をかわいく撮るテクニックを教えて欲しいです!

光をよく見る事!大事!
いつも心がけていることのひとつです。

もし、ここ(LomoAmigosインタビュー掲載ページ)に紹介している写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲ですか?3曲選んで下さい。

Everyday Everynight / Russian Red
Ella Es Bonita / Natalia Lafourcade
Thanks / The Right Ons

今までLOMO LC-Aで撮影されてきて、使うフィルムやアイテム、シチュエーションなど、好きな写し方はありますか?どのような撮り方をしてしまう、どんな被写体に惹かれる等、意識のあるなしに関わらず、お気に入りの一枚となる作品に傾向があれば教えて下さい!

X-PROフィルムがお気に入りです。

上も下も前も後ろも、常に自分のまわりにある気になるものを探して写真を撮っています。あとは花が好きなので、見つけるとシャッター押してる事が多いです。

ロサンゼルスで車に乗っているときに、空が青くてきれいだな、写真撮ろう!と思ってカメラを手に持っていた時に偶然出会った瞬間。ふと横を見たらお家のナンバーが、「777」でした。なんだかラッキーな家見つけちゃったかも!と、こんな出会いや発見が楽しくて日々写真を撮っています!

ナンバーが「777」の家

これからLOMO LC-Aで撮ってみたい被写体は何ですか?

大好きな人達と旅しながら、世界中を撮ってまわりたいです!まだ見た事ない世界を自分の目で見て、写真に残していきたい。

最後にLOMO LC-A / LC-A+をこれから使ってみようという方に何かメッセージをお願いします!

デジタルカメラが普及している今だからこそ、LOMO LC-Aを使うと写真に対する懐かしい気持ちがよみがえると思います。フィルムのあたたかさや色味、現像やプリントに手間がかかるのもまた愛おしい。

周辺光量が落ちるのが特徴で、何気ない風景でも独特の雰囲気を出してくれます。小さくて丈夫なのに、頼りがいのある相棒になる事間違いなしです。是非このすばらしいカメラでたくさん写真を撮って、そしてプリントを楽しんでもらいたいです!

石野さんの他の作品はこちらのウェブサイトからもご覧いただけます。

written by kyonn on 2012-03-01 #people #lomoamigo

More Interesting Articles