麦わら帽子でボケをつくる

かんたんにボケ(bokeh)をつくる楽しいアイディアです。麦わら帽子をひっぱり出してロモウォークに出かけましょう!!!

ある日、外で帽子を顔の上にのせて寝ころんでいたとき、突然このアイデアが降って来ました。眩しい日光をさけようと何度も何度も調整していたら、帽子を通してちいさな光の点々が見えることに気づいたんです。これってちいさなボケみたいに見える!そのアイディアを試すために、私は家に走って行って階段をかけあがり、相棒のLC-Wideをつかみました。

これを試すのに、必要なもの:

  • 光を通す帽子
  • あなたのカメラ、多重露光できるものが良い
  • フィルム(Kodak 200でやったらとてもうまくいきました)

これだけ!フィルムを通してボケを撮影してから巻きもどしてもう一回撮影っていう方法はしませんでした。わたしはフィルム全部をボケ写真にしたくなかったけど、あなたが望むところだっていうなら是非やっちゃって下さい!この方法を使えば、夜を待つことなくパーフェクトな量のボケを得ることができますよ!

1. カメラの焦点距離を無限大にセットして、一枚目の写真を帽子越しに撮影。より明るいボケがほしいなら、空とか太陽に向かって撮影して!

(ボケはナイスな丸型であらわれるはず!)

2. 二枚目の撮影。なーんでもあなたの好きなものを撮りましょう。そしたらもう完成!

毛糸の帽子もうまくいきます。そうすると丸は大きくなって、ボケ度は低いけどクールな効果になります。

帽子にカメラを近づけるほど、ボケが大きいサイズになるよ。

逆に、帽子から遠ざければボケは小さくなるってこと。

written by natalieerachel on 2012-02-25 #gear #tutorials #hat #camera #holes #bokeh #tipster #doubles
translated by mizugoji

More Interesting Articles